全国主婦(主夫)の平均家事年収は約469万円。1日の家事労働時間は平均5.3時間。キリンビール調べ

写真拡大 (全5枚)

キリンビールは、「キリン のどごし オールライト」を9月にリニューアルした際に公開した、主婦(主夫)業を年収に換算することができるシミュレーター「主婦の年収シミュレーター」の集計結果をまとめて発表した。

このシミュレーターでは、編集プランナーの帆足泰子さんや税理士の鈴木利正さんなど、複数の専門家による監修の下、実際の主婦(主夫)へのヒアリングをもとに、家事の作業項目に加え、主婦(主夫)としてのこだわりなどを細分化。さらに、一般的な企業の給与体系と家事代行サービスの市場価格、実際の主婦(主夫)の実感値も踏まえた独自ロジックを開発し、年収換算額を算出できるよう設計した。キリン のどごし オールライト調べ。

■全国主婦(主夫)の平均家事年収は469万8670円
全国の主婦(主夫)の平均家事年収は、469万8670円という結果に。家事の中でも、最も年収が高く出た項目は、「夕食を作る」ことで、平均年収に換算すると123万42円相当の働きであることが分かった。

加えて、「昼食を作る」、「朝食を作る」ことも、それぞれ高い年収結果となり、合計すると食事の支度だけで平均年収が約180万円相当になり、主婦(主夫)業の中でも最も重労働であることが分かった。また、全国の主婦(主夫)の1日の家事労働時間の合計は、平均5.3時間という結果になった。

項目:家事労働時間内訳


「掃除機をかける」よりも「台所のシンク掃除」の頻度が高いという結果に。家の掃除に関して、1日あたり平均約1時間を費やしていることが分かった。掃除機をかける時間が最も長い一方で、台所のシンク掃除の方が頻度は高く、普段から衛生面に気を遣っている主婦(主夫)の方々が多いことが分かった。

料理に関して、毎日の料理にかける時間は、献立決めから買い物、調理、後片付けも含めると、1日に平均して約2.5時間を要していることが分かった。

洗濯に関しては、1日平均して37.6分の時間をかけている結果となり、1週間に洗濯機を回す回数は平均9.5回と、主婦(主夫)の方は1日1回以上洗濯機を回していることが分かった。また、アイロンがけは週に約1回、まとめて行う傾向となった。
このほか、洗濯のポイントとしては、約半数は柔軟剤にこだわり、手洗いもしていることがわかり、洗濯への工夫が伺える結果となった。

項目:柔軟剤にはこだわって洗濯している


項目:洗濯表示をみて衣類の手洗いもする


■「主婦の年収シミュレーター」集計結果レポート

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・上田文人氏による7年越し待望の最新作「人喰いの大鷲トリコ」を2016年12月6日に発売
・ぬいぐるみをおしゃべりにするボタン型デバイス「Pechat」の親子参加型ワークショップを開催へ
・もうすぐクリスマス!マピオン季節特集「イルミネーション特集2016-2017」を公開
・「AWA」が月額無料の新「Freeプラン」を提供開始。新機能「ハイライト再生」で聴き放題へ
・ソニービル建替前のカウントダウンイベント 「It's a Sony展」開催。ソニービルの50年を振り返る