早稲田実業は準優勝に終わるも 清宮幸太郎は驚異的な出塁率残す

ざっくり言うと

  • 15日の明治神宮野球大会で、早稲田実業は履正社に6−11で敗れ、準優勝
  • 栄冠には届かなかったが、清宮幸太郎は3試合で7打数5安打2打点1本塁打
  • 打率7割1分4厘で、7四死球を選び、出塁率は驚異の8割5分7厘となった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング