15日、米国の次期大統領であるトランプ氏に関してさまざまな情報が流れ注目を集めているが、中国では「中国で商標争いに負けた」との報道が話題となっている。資料写真。

写真拡大

2016年11月15日、米国の次期大統領であるトランプ氏に関してさまざまな情報が流れ注目を集めているが、中国では「中国で商標争いに負けた」との報道が話題となっている。環球時報が伝えた。

報道によると、原告は「ドナルド・トランプ」で、生年月日や住所が次期米国大統領のトランプ氏の情報と一致。さらに、トランプ氏の訴訟を担当した北京市の弁護士事務所に問い合わせると、従業員は「確かに次期大統領のトランプ氏」と証言している。

トランプ氏は2006年の12月に不動産関連の商標登録で、「TRUMP」を中国で申請したが、すでに董偉という人物が2週間前に申請しており、登録ができなかった。トランプ氏は中国商標登録部門の判断を不服として再審を求めたが、14年に棄却された。それでもあきらめなかったトランプ氏は北京市の高級人民法院に上訴したが、15年5月に再び棄却された。

中国の専門家によると、近年商標登録を利用して利益を得ようとするトラブルが続発しており、海外で名が知られまだ中国に進出していないブランドの商標をいち早く申請するケースが少なくない。(翻訳・編集/内山)