BTOB プニエル、隠し続けた衝撃の事実告白「これからは堂々と公開する」

写真拡大

BTOBのプニエルが抜け毛の悩みを率直に話した。

14日に韓国で放送されたKBS「国民トークショー アンニョンハセヨ」にはBTOBのプニエルが出演し、抜け毛の悩みを告白した。プニエルは「5年前から抜け毛がひどくなった。70%がなくなった」と衝撃的な告白をした。

アメリカから来てアイドル生活をしてきたプニエルは「これまで抜け毛の悩みを話せず、帽子を被ってきた。病院に行ったが、既に遅く、手を打つのが難しい状況だと言われた。5年間帽子を被っていたので、ファンの方々になぜいつも帽子を被ってるのと言われた。それで結局勇気を出してここに来た」と話した。

この日プニエルはアイドル生活は大変だったと明かし「親からはアメリカに戻ってこいと言われ、ある時戻るか悩んだ」と話した。プニエルは歌の録音をする日、半ズボンにスリッパを履いて来てマネージャーに叱られたことや、放送局の廊下で他のガールズグループのメンバーと話したら叱られたエピソードなどについて話した。

この日、共に出演したBTOBのメンバーらは「以前、プニエルがメンバーたちに褒められる時が一番幸せだと言った。僕たちはプニエルのその言葉にとても驚いた」と話した。

プニエルは「ここではメンバーたちが友達で家族だ。みんな個人活動をしてBTOBを広めているが、僕は役立っていないと思い非常に悩んだ」と話した。

この日プニエルは「これからは堂々と頭を公開する」と明らかにし、丸めた頭を公開した。