Divorce

写真拡大

米HBOでこの秋に放送がスタートした『ウエストワールド』、『Divorce/ディボース』、『Insecure(原題)』がシーズン2に更新されることが決定した。米Varietyなどが報じている。

HBOといえば『ゲーム・オブ・スローンズ』や『TRUE DETECTIVE』、『SEX AND THE CITY』、『シリコンバレー』、『Girls/ガールズ』、『Veep/ヴィープ』といった賞レースでもおなじみの大ヒットドラマを送り出しているアメリカのケーブル局。マーティン・スコセッシとミック・ジャガーがタッグを組んだ2016年の新シリーズ『VINYL‐ヴァイナル‐ Sex,Drugs,Rock'n'Roll&NY』がまさかの打ち切りになったことも記憶に新しいが、秋の新作として開始した『ウエストワールド』、『Divorce』、『Insecure』は3作品ともシーズン2へ更新されることとなった。

謎が謎を呼び全米で大ヒットしている『ウエストワールド』は、再放送、VOD、ストリーミングを含む現在までの放送分では、1回あたりのエピソードで平均1170万人の視聴者を獲得。また、サラ・ジェシカ・パーカー主演の『Divorce』は平均440万人、黒人女性の葛藤を描いたコメディ『Insecure』は平均320万人となっている。

シーズン1の放送が12月4日(日)に終了する『ウエストワールド』だが、その後、15日(木)からは、ジュード・ロウ(『ホリデイ』)主演の新シリーズ『The Young Pope(原題)』の放送がスタート。2月にはリース・ウィザースプーン(『わたしに会うまでの1600キロ』)、ニコール・キッドマン(『めぐりあう時間たち』)、アレキサンダー・スカルスガルド(『トゥルーブラッド』)らが出演する『Big Little Lies(原題)』の放送が控えている。

『ウエストワールド』はスターチャンネルにて毎週木曜日23:00より放送中、『Divorce』は11月下旬、Huluにて独占配信スタート予定。(海外ドラマNAVI)