駐車料金決済アプリ「SmooPA」のサービスが開始。「Yahoo!カーナビ」アプリでも駐車料金決済が可能に

写真拡大 (全2枚)

IMJは2016年11月14日、App store、Google Playにて、駐車料金決済アプリ「SmooPA」の配信を開始した。

「SmooPA」はIMJが開発した、コインパーキング精算機とネットワーク連携をしてスマートフォンから駐車料金の支払いができるアプリケーション。このアプリにより、雨の日でも車外に出ることなく駐車場の清算が可能になる。

「SmooPA」は事前にクレジットカードの登録を行ない、利用することで、利用者の駐車場利用料金のキャッシュレス精算を可能にした。利用者は駐車場料金に応じたTポイントを貯めることができ、駐車料金の精算にTポイントを用いることができる。

「SmooPA」のキャッシュレス精算機能については配信と同時に、ヤフーのスマートフォン向け無料カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」で同様のサービスの提供も開始する。

■ 「SmooPA」概要
サービス開始日:2017年11月14日
参画企業:日本システムバンク(駐車場ブランド名:システムパーク)、他約20社
オンライン決済対応駐車場数:約850カ所 ※サービス開始時点(順次拡大予定)
・App Store URL: https://itunes.apple.com/jp/app/smoopa-zhu-che-chang-jian/id1151345533?mt=8
・Google Play URL: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.imjp.smoopa

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
・AIRDO、LINEと搭乗システムを連携させた新搭乗サービス「AIRDO ONLINE Service」を提供開始
・LINEと企業のWebサービスを連携させる「Official Web App」の一部機能を部分開放
・データサイエンスに基づく消費者コミュニティの活用方法は? クオンが導き出した答え
・佐々木俊尚氏が読み解く「2020年エンジニアショックは起こるのか?」 <PR>
・グリーとLINEがゲーム事業においてマーケティングパートナーに