予想されるサウジアラビア代表の前線の並び

写真拡大 (全2枚)

2列目の“三連星”に要注意

 日本代表は15日、ロシアワールドカップアジア最終予選でサウジアラビア代表とホームで対戦する。グループで最多の8得点を挙げているサウジアラビア代表だが、中でも日本代表が警戒すべきは“サウジ三連星”だろう。ハリルJ守備陣は、勝利を収めるためには彼らを迎撃しなければならない。(文:河治良幸)

----------

 サウジアラビアはオランダ人の名将ファン・マルバイクに率いられ、アジア最終予選のでは3勝1分の勝ち点10で首位を走る。勝ち点7の3位で追う日本としてはホームの試合で何とか勝利を飾り、勝ち点で並んだ状態で前半を折り返したい。

 そのためにはもちろんゴールが求められるが、サウジアラビアの攻撃を阻止することが絶対条件だ。サウジアラビアは後ろから丁寧につなぐスタイルだが、プレッシャーがかかると前線へのロングボールを選択しがちである。またボールを奪った時に相手の守備が前掛かっていれば、一発の縦パスを前線に付けて一気にドリブルで勝負する傾向が強い。

 どの攻撃にしてもサウジアラビアの鍵を握るのは[4-2-3-1]の2列目に並ぶ3人のアタッカーだ。前日会見でヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「3、4人がものすごい能力を持ったチーム。彼らの攻撃的なプレーをしっかりコントロールしなければいけない」と語った。その3、4人のうちの3人はヤヒア・アルシェハリ、ナワフ・アルアビド、タイシール・アルジャッサムと想定できる。

 彼らは基本的には2列目で横並びの関係になるが、その中で目まぐるしくポジションを変え、チャンスと見れば積極的にドリブルを仕掛けてくる。細かいコンビネーションがあるわけではない。しかし、ボール保持者が入れ替わり立ち替わり縦に仕掛け、残る選手が1トップに張るナシル・アルシャムラニやナイフ・ハザジの周囲から飛び出す攻撃はつかみ所が難しい。

 日本が高い位置からプレッシャーをかけ、ビルドアップの精度を落とさせることで、彼らに前を向かれるシーンはかなり限定できるが、全ての局面で防げることはまず無いため、いざ高い位置でボールを持たれた場合の“迎撃態勢”は守備陣が準備しておく必要がある。

サイドから仕掛ける2人のレフティ

 アルシェハリは左利きの小柄なアタッカー。中央のトップ下を本職とするが、右サイドからは“逆足”のドリブルを果敢に仕掛けてくる。ポジション取りがうまく、スピードに乗せると相手ディフンスは1対1の“デュエル”の勝負に持ち込むことも簡単ではない。柔らかい身のこなしも特徴で、うかつにタックルするとうまい倒れ方で、危険な位置のFKを取ってくる。

 基本的に左SBの長友佑都あるいは酒井高徳が対応するケースが多くなる。トップスピードでいきなり裏を狙ってくるタイプではないため、彼がボールを受けるところでタイトに付いて前のスペースを与えなければ行動は限定できるが、ターンから鋭く前に向くところでうかつに足を出すとファウルをもらいに来るので注意が必要だ。

 左サイドのアルアビドはDFの酒井高徳が最も警戒する選手で、アルシェハリと同じく左利きだが縦の突破に特徴のあるタイプだ。10番(UAE戦はなぜか18番を付けていた)を背負うアルアビドは最終予選で4得点を挙げており、そのうちの3得点がキッカーをつとめるPKで記録したものだ。

 アルジャッサムらとのワンツーなどを選択することも多い。常に曖昧な位置を取り、アルシェハリやアルジャッサムとも頻繁にポジションを変えるので、その動きに惑わされると周囲に危険なギャップを作ってしまいかねない。基本的には右SBの酒井宏樹がマッチアップする関係になるが、ボランチの山口蛍や長谷部誠とうまく受け渡しながら厳しくチェックしていくべきだ。

トップ下は万能型のチャンスメーカー

 トップ下のアルジャッサムもドリブルは得意だが、左右の2人よりボールを動かしながら危険なパスを狙うチャンスメーカーであり、ドリブルの警戒ばかりしているとスルーパスを1トップの選手や2列目から飛び出すアルアビド、アルシェハリにスルーパスを通してくる。

 またシャドーストライカーとしての顔も持つアルジャッサムはオーストラリア戦でタイミング良くゴール前に走り込み、アルシェハリのマイナスクロスをダイレクトで合わせてゴールを決めた。同じ試合でペナルティエリアの左に切り込み、アルシャムラニのゴールをアシストしており、3人の中で万能性が高い選手だ。

 アルシェハリとアルジャッサムはFKも危険だ。前者は左足、後者は右足で鋭い軌道のキックを蹴ってくる。いざ危険な位置からのFKになればGKの西川周作にゆだねる部分も大きいが、できるだけそうしたシーンを作らせない様に注意していく必要がある。もちろんFKを恐れてズルズル後ろに下がり、PKを誘われる状況になっては本末転倒だ。

 彼ら3人に加えて不気味な存在がジョーカーのFWファハド・アルムワラドだ。1トップで先発が予想されるアルシャムラニも危険なストライカーではあるが、22歳のアルムワラドはカウンターから裏を取るプレーを得意としており、吉田麻也と森重真人の両センターバックがあまり得意としていないタイプだ。

 彼が入った場合は1トップの後ろに2列目の3人が並ぶというより、4人が前線でシャッフルする様な状態になる。試合の終盤には両チームとも全体が間延びしやすいが、攻め残った選手が後ろから縦パスを受け、そのままドリブルを仕掛けるケースが多くなる。

 そうした状況を最後までなるべく作らせないために、ハリルホジッチ監督としては流れによっては前線を活性化するだけでなく、中盤のインテンシティーを維持するための交替カードも考えていくべきだ。

(文:河治良幸)

text by 河治良幸