清武弘嗣はどの位置に入っても柔軟に仕事ができる【写真:田中伸弥】

写真拡大 (全2枚)

主将・長谷部も把握せず。誰が出場しても不思議でない状況

 いよいよ今日の夜(15日)、キックオフとなるW杯最終予選・サウジアラビア戦。負けられない重要な一戦となるが、果たして誰がスタメンとなるのか。特に攻撃陣は予想がつかない状況になっているが、代表を追う記者はトップ下に清武弘嗣を起用すべきと説く。高い能力を持ちながらポジションを掴みきれていない清武。この試合は最大のチャンスである。(取材・文:元川悦子)

----------

「明日は我々にとって本当に重要な試合。最終突破につながる試合になる」とヴァイッド・ハリルホジッチ監督が前日会見で語った通り、15日の2018年ロシアW杯アジア最終予選第5戦・サウジアラビア戦(埼玉)は日本代表の命運を大きく左右する大一番に他ならない。

 9月のUAE(埼玉)・タイ(バンコク)2連戦、10月のイラク(埼玉)・オーストラリア(メルボルン)2連戦は帰国直後の欧州組の調整期間が短く、有利なはずのホームゲームで立て続けに苦しんだが、今回は6日〜9日間の活動期間を確保。

 11日のオマーン戦(鹿島)ではさまざまなテストもできた。それだけに、今回ばかりは指揮官も言い訳は許されない。勝ち点3、できることなら2得点差勝利を手にして、サウジを逆転して2位以内に浮上を果たすことがノルマと言っていい。

 この決戦に一体、誰が先発で出るのか。それは目下、最大の関心事だ。「昨日と今日の練習では、ホントに誰が出るか、僕らも今の段階では分かんない感じ。監督も緊張感を持たせているのかなというのはやっていて感じる部分」とキャプテン・長谷部誠(フランクフルト)も言うように、非公開時の実戦形式では頻繁にメンバーが入れ替わっている模様だ。

 GK西川周作(浦和)、酒井宏樹(マルセイユ)、吉田麻也(サウサンプトン)、森重真人(FC東京)のDF3枚、長谷部と山口蛍(C大阪)の両ボランチ、原口元気(ヘルタ)の左FWはほぼ確定と見られるが、左サイドバック、右FW、トップ下、1トップはまだ流動的と言わざるを得ない。

 左サイドバックは風邪から回復した長友佑都(インテル)か酒井高徳(HSV)のいずれかだが、最終予選突入後の原口とのタテ関係を考えると酒井高徳に分がありそうだ。右FWは本田圭佑(ミラン)か浅野拓磨(シュツットガルト)が競っている。

 久保裕也(ヤングボーイズ)という案もあるが、試合の重要度、前線でタメを作る力、ここ一番での勝負強さ、精神面を考えると本田は外しづらい。1トップも岡崎慎司(レスター)か大迫勇也(ケルン)のチョイスだが、選手たちの話を総合すると大迫が抜擢されそうだ。

 そうなると、トップ下はやはり清武弘嗣(セビージャ)しかいない。

右に左に。流動的になれる清武。柔軟性は大きな武器

 香川はオマーン戦を欠場し、大迫との連携を確認できなかった。彼ら2人は2014年ブラジルW杯メンバーだが、当時は香川が左サイドで完全なタテ関係ではなかった。ハリル体制移行当初も何度かプレーしているものの、今回までには1年半近いブランクがあってリスクが高いのは確かだ。

 逆に清武と大迫であれば、直近のオマーン戦で息の合った連携を見せた通り、お互いを活かし活かされる関係をすぐに構築できる。「(サコは)どっしり前で構えてくれているので。五輪には一緒に行けませんでしたけど、予選とかやってきて、あいつ以上にボール収まる人は、僕はいないと思っている。

 ケルンで今、すごい試合に出ていて、得点感覚も今回出してくれましたし、そういう勢いは今のサコにはある」と清武も1つ年下の点取屋との相性の良さを強調していた。

 清武がトップ下に入るメリットは、大迫の得点力を巧みに引き出せることにとどまらない。セビージャで左右のサイドにトップ下、インサイドハーフなど複数ポジションをこなしている通り、2列目のどの位置に入っても柔軟に仕事ができるのだ。

 本田が中央寄りでプレーしたいと思えば、清武が右に移動してバランスを取ればいいし、原口を右に回して自分が左に回ることもできる。こうして流動的に動けば、サウジ守備陣をより撹乱できる。

 オマーン戦後に「試合の中で自分たちがピッチに入って監督が求めることと、自分たちがやりたいことを使い分けながら、状況に応じてプレーできたのが一番の収穫だと思います」と本人も語った通り、今の清武なら自ら判断して臨機応変にリズムの変化を加えたり、ポゼッションするところとショートカウンターを狙うところのメリハリをつけたりできる。まさに「気の利いた司令塔」として力を発揮してくれるのが、背番号13をつける男なのだ。

 もう1つ、清武を起用するメリットがある。

香川も認める能力。序列を覆す最大のチャンス

 それは、リスタートのキックの精度。

「やはりキヨはキックの精度や、アシストする能力がホントに高いなと。(オマーン戦はそれを)改めて感じる試合だった」と香川も素直に認めていたが、今の日本代表でゴールに直結するプレースキックを蹴れるのは、清武1人かもしれない。

 拮抗した展開になりそうなサウジ戦ではFKやCKからの攻めが勝負を分ける可能性が極めて高い。それを考えても、彼がスタメンでピッチに立つ意味は大きいのだ。

 10月2連戦では、イラク戦でインパクトを残しながら、続くオーストラリア戦で香川に先発の座を譲ることになった清武。前々から「経験や実績では真司君の方が上」と彼は口癖のように言ってきたが、前回シリーズではハリルホジッチ監督のこうした評価をまざまざと突き付けられることになり、悔しさひとしおだったに違いない。

 今回、2試合連続先発を勝ち取り、輝きを放つことができれば、香川との序列がとうとう逆転することになり、日本代表の世代交代に弾みがつくのは間違いない。そういう意味でも、清武の一挙手一投足に代表の未来が懸かっている。

 彼がタクトに振るうであろうサウジ戦は最大のチャンスであり、大きな期待感と重責を背負ってピッチに立つことになる。代表は厳しい場であるべきで、激しいポジション争いと新陳代謝があってチーム力が向上する。

 ハリルJに漂う停滞感を打破できるか――。清武には大きな使命が課せられている。

(取材・文:元川悦子)

text by 元川悦子