ご飯もお肉もしっかり摂る!それでも細い「バレエダンサー」の食生活の秘密

写真拡大

 テレビや雑誌を見ていると、細くて抜群のボディスタイルを保つ女性たちを見るにつけ「どんな食生活してるの?」と思うことがしばしば。例えば華麗なバレエダンサーなどは、顔が小さく足が長くて、か細いその姿は、もはや別次元に住む宇宙人のよう‥‥。いったいバレエダンサーの彼女たちは、どんな食生活を送っているのでしょうか?

 バレエダンサーの食事でイメージするのは「過酷な体重制限」。絶食しているようなイメージすらありますよね。実際、彼女たちは、演技のために厳しく体重コントロールをしています。

 けれど、バレエダンサーにとって、体づくりは大事な仕事の一つ。それは、単なる「食事制限」ではなく、どう体重やボディまわりをコントロールするかという意識で行っているようです。

 もちろん、健康的な肉体美も必要。骨が浮き出るような痩せすぎダイエットはNGだとか。

 そこで彼女たちの普段の食事を拝見してみると、思いのほか普通の食事をしています。また、炭水化物やお肉もしっかり食べているとのこと。

 とはいえ、トレーニングや稽古で華麗に踊りまくる日中は、あまり食べ物を口にせず、軽いサンドイッチなどで済ませる人もいます。ポイントになるのは、カロリーと栄養。そして、上手に間食を選ぶことも一流のバレエダンサーの行いなのかもしれません。

 彼女たちにとってご飯などの糖質はハードなレッスンを乗り切るためには必要で、肉は筋肉づくりにも重要な栄養。バランスを考えて、必要な栄養素はしっかり取り入れていきながら、しっかり練習で消費もして、カラダと技術を作り出しているようです。