ライフハッカー[日本版]の兄弟メディア「roomie」では、機能性に注目した収納グッズを紹介しています。転載してお届けいたします。

一定間隔の穴が開いたペグボード(パンチングボード、有孔ボードともいいます)は、通常壁にかけて小物類を掛けたりするもの。

このペグボードを棚や机に活かした、便利な家具を紹介します。

161115roomie_2.jpg


ペグボード風デザインの家具「CRISSCROSS™」は、レゴを組み立てるように、自分の手だけで簡単に組み立てられます。

金具は手で回して装着するタイプなので、道具や工具は何も必要ありません。



ボードとボードを繋いだり、脚を取り付けるのは、専用の金具で簡単にできます。ビスを打ち込むドライバーや蝶番の付け方がわからない方でも、手軽にDIYを楽しめますよ。


161115roomie_3.jpg


161115roomie_4.jpg


素材はバーチ合板で厚みがあり、自然由来のワックス仕上げで環境に配慮しています。

ボードは黒やグレー、温もり感のある赤色に塗装されたものも。金具は黒ですが、表に出る部分(脚やネジ)は木の素材もあり、カスタマイズが可能です。


161115roomie_5.jpg


机として使う場合は、天板にマットか何かを載せて使った方がよさそうですね。


161115roomie_6.jpg


161115roomie_7.jpg


161115roomie_8.jpg


アイデアはシンプルですが、住む環境と生活スタイルに応じてどんどん形を変えられる「CRISSCROSS™」。

これから一層多様化する生活スタイルの中で、家具も「すぐ形を変えることができる」のはマストな条件になってくるかもしれませんね。


「roomie」ではほかにもアイデアが光る便利グッズを紹介しておりますので、ぜひこちらからご覧ください。


ペグボードを利用した、手軽にDIYできる家具「CRISSCROSS™」 | roomie(ルーミー)

(ホンマエミ)