椎間板ヘルニアの手術で障害残る 20代女性に1860万円の損害賠償

ざっくり言うと

  • 宝塚市が、20代女性に術後の後遺障害で賠償金を支払う方針を明らかにした
  • 椎間板ヘルニアの手術後に、左足が動かしづらくなる障害が残ったとしている
  • 女性に対し1860万円を支払う議案を、15日の宝塚市議会に提出する

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング