北陸地方最西端にある福井県

写真拡大

■幸福とは、自己肯定

2016年度版の47都道府県幸福度ランキングで、僕の故郷である福井県がまた総合1位になりました(http://www.pref.fukui.jp/doc/furusato/ranking.html)。「健康」「文化」「仕事」「生活」「教育」の5分野で構成されているようですが、福井県は別に給料の高い仕事がたくさんあるわけでもないし、東大などへの進学者数も特に多くありませんが、「仕事」と「教育」の分野でも1位でした。つまり、底上げができていたり、安定感のようなものがあったりするんだと思います。

僕も福井で生まれ育ったので、その実態をよく聞かれます。最近では毎月福井に帰っていることもあるし、自分なりの勝手な視点で考えてみることにしました。

福井には、空路も新幹線もありません。日本海側に位置して、みごとなまでに山に囲まれた閉鎖的な地域です。それでも、今ではテレビやインターネットなんかは都会と変わらない条件で整っているし、県庁所在地やその周辺であれば日常的なものはなんでも手に入ります。つまり、福井はある程度「自己完結できる環境」だと言えます。

それに関連してもうひとつ、東京と福井を行き来して感じたことは、あまり他と「比較」しなくてすむ環境だということです。なんというか、必要以上に他の県よりも上に行こうというような意識がありません。幸福度1位も、そう「だった」から掲げている、というような感じです。

面白いことに、福井の人の多くには「自分たちはすごく田舎に住んでるけど、別に悪くないじゃん」という開き直りに似た「自己肯定の感覚」があります。どんな指標においても、他と比べだしたら満足度にはキリがないと思います。今ある環境やありのままの日常を受けいれ、その中から生きがいややりがい、充実感を見出すことができる。それが、指標以上に県民一人ひとりの幸福度に反映されているような気がします。

そもそも、「幸福」というのは主観的な感覚であり、「あなたは幸福だよ」と言われても、「自分は不幸だ」と感じていたら、その人は不幸であるということになります。今の日本社会を見渡すと、所得やポジション・ステータスの高い人たちが、必ずしも「幸福」を感じているとはかぎりません。絶えず比較と競争のなかで戦っていれば、所得や社会的ステータスは自分の価値を相対的に決める「条件」となり、それに縛られます。上には上がいて、「もっとレベルアップしなきゃ」とか「なんで自分はこんなもんなんだ」という比較意識から解放されないと、いつまでたっても「今の自分のこと」を肯定できなくなってしまうのです。

■「無条件幸福」が求められる時代

生活レベルの貧しい社会環境においては、比較・競争意識が、物理的な豊かさを手に入れる原動力になるのだと思います。でも、今の日本のようにこれだけ物があふれ成熟すると、比較や競争そのものに意識が振り回されてしまいます。もっと稼いで、もっとレベルアップして……。「社会的条件」に縛られるかぎり、競争相手が消えることはありません。そうなると、自分の主観的感覚である「幸福」を得るためには、比較や競争の意識から解放されることが必要になってきます。

所得やポジションなどの社会的な条件がそのまま生活の幸福度につながったような時代から、自分がどんな条件であってもその中から生きがいや存在意義を見いだし、ありのままの自分を肯定できる。そんな「無条件幸福」が求められる社会に変わってきたのかもしれません。

福井に限らず、地方のまちや田舎にくらす子どもたちは、ある程度「無条件」の社会に守られているように感じます。僕もそうでしたが、田舎のまちには都会のような小中学校受験などはほとんどありません。公立か私立といった選択もほとんどないし、受験のために放課後は塾でしのぎを削るというようなこともほとんどありません。同じ学区の子どもたちは、基本的にみんな同じ小中学校に通います。だから、そこで所属の階層意識を持つようなこともありません。いろんなやつがいて、勉強ができなくても、おもしろいことを言って人を笑わせたりできれば、人気者になれる。

もちろん高校受験くらいはあるし、いずれは序列が生まれます。しかし、このような「僕は僕でいいんだ」という自己肯定の意識は、中学生くらいまでの日常や体験によって基礎ができあがるんだと思います。さらに福井の場合には、無条件の自己肯定感や幸福感を育むと思われる地域特有の理由が見あたりました。

福井は地理的にも閉鎖的な雪国という土地柄、昔から内職なども含めて夫婦で仕事を分業しており、共働きが今でも一般的です。そして、今でも大家族が多く、祖父母と一緒の環境で育ちます。最近では、同じ敷地内に世帯ごとに別々の家をもつというケースも増えてきましたが、保育園や学校から帰ってきた子どもたちの面倒は、祖父母が見るということがほとんどです。

両親はどうしても、子どもの成績やテスト結果といった「条件」がある程度気になります。そして、子どもたちも親の顔をみて、成績や点数といった社会的条件が自分の価値に影響しているのだろうということをなんとなく感じ取ります。でも、家で出迎えるおじいちゃんおばあちゃんは「今日のテストはどうだった?」ということはほとんど聞きません。子どもが元気で健康で、ただ無事に帰ってきてくれればいい。ただそこに存在するだけで「満点」なんです。この祖父母の存在は、孫である子どもにとっての「無条件に自分を肯定してもらえる」という体験につながり、ありのままの自分の中から生きがいや幸せを見出すことができて、「無条件幸福」を育んでいるのではないかと思うのです。

■格差になって広がっていく

そう考えると、「無条件幸福」は今後、社会的な格差となって広がっていくのではないかと思うのです。

なぜなら、社会的比較に縛られず無条件に自分のことを肯定できるようになれるかどうかは、子どものころの育った環境が大きく影響していると考えられるからです。大人になってから、そのメカニズムが理解できたとしても、自分にへばりついた比較意識や条件への執着からは簡単には抜け出せません。人生の幸福に対する向き合いかたや基準のようなものが、思春期くらいまでにある程度形成されてしまう可能性が高いのです。

大人になって社会に出れば、否応なしに毎日が「比較」の連続です。社会とはそもそも、人間の相互関係に成り立っているわけですから、無人島にでもいかない限り、その前提条件から逃れることはできないでしょう。しかし、そんな社会的な「比較」は、あくまでただ概念として存在するだけです。

それとは関係なく自分は唯一無二の存在として無条件に価値があるのだと自己肯定できる状態で仕事や生活をしていくのか。はたまた、「比較」そのものが自分の価値や意義を決定づけるものだと捉えながら条件に縛られて生きていくのか。考え方のスタンスによって日々起こることがまったく違う意味のものになり、あくまで主観でしかない人生の幸福感は大きく異なってくるのだろうと思うのです。そしてこれは、多くの場合、世代を超えて連鎖していきます。比較や条件に縛らえて生きてきた人たちは、自分の家族や子どもにも、また「良い条件」を求め続けてしまいます。

ここで重要なのは、「よい条件であれば大丈夫」ということではない、ということです。親子などの重要な関係性の中で、常に比較や条件を求められて時間をすごしてしまうことそのものが、点数を取れる取れないに関わらず、人生を「無条件幸福」から遠ざけてしまいかねない、ということです。この連鎖を断ち切ることは、よほど意識して取り組まなければできないでしょう。

ただ競争に勝てば豊かになれるとは限らない時代、自分の子どもや大切な人たちに対して、「そのままでいいんだよ」と言ってあげられるかどうか……。なんだか偉そうなことを言っていますが、そんな僕も、常に社会的な比較や競争を意識し、条件に縛られた窮屈な日々を送っているのです。

(若新雄純=文)