画像

写真拡大 (全3枚)

 デジタル時代のマーケティング活動におけるエキスパート集団「ベスト・イン・クラス パートナーズ」に、ViibarやSprocketなど新たに12社が参画した。

 ベストインクラスプロデューサーズは、デジタル時代のマーケティング活動におけるエキスパート集団「ベスト・イン・クラス パートナーズ(以下、BICパートナーズ)」の参画パートナー企業を発足当初の11社から23社に拡大し再編成を行った。

 BICパートナーズは2014年4月にデジタルインテリジェンスにより発足されて以降、ベストインクラスプロデューサーズを幹事会社として、参画各社の連携によるクライアント支援業務を行ってきた。

 今回の再編では、オウンドメディア、アーンドメディア領域を中心に編成されていた発足時のネットワークに加え、コミュニケーション戦略やペイドメディア、CRM、データマネジメントなど幅広い領域に対応できるよう、12社の参画を決定した。

 BICパートナーズの支援スキームは、幹事会社であるベストインクラスプロデューサーズがプロジェクトの要件定義を行い、戦略、KPI、実行計画と求められるパートナー要件をRFP(Request For Proposal)として策定。その後、RFPの要件を満たすベストなパートナー企業の選定、チームビルディングを行い、支援を行っていく。

MarkeZine編集部[著]