コンパクトでも賢いロボット掃除機

写真拡大

日立アプライアンスは、ロボット掃除機「minimaru(ミニマル) RV-DX1」を2016年11月19日に発売する。高密度実装技術による独自の車輪構造やサスペンション機構のコンパクト化、吸込口やダストケースなどの効率的なレイアウトにより、幅25センチ、高さ9.2センチのコンパクトボディを実現した。

新開発の走行制御AIできびきび賢く丁寧に掃除

ダイニングテーブルやイスの脚の間などの狭い場所、ソファやベッドの下など低い場所、家具の間や部屋の隅など掃除しにくい場所をしっかり掃除できる。

新開発の走行制御「minimaru AI」を搭載。複数センサーで周囲の状況を素早く判断、状況に合わせ100以上の行動パターンから選択して運転を制御し、きびきび賢く動いて部屋全体を丁寧に掃除する。

また小型で高効率の「小型ハイパワーファンモーターR」を新開発。吸込口に床面のゴミをかき出す回転ブラシと、カーペットの綿ボコリをかき出すブラシを組み合わせた「ダブルかきとりブラシ」を採用。フローリングやカーペットなど様々な床面のゴミを集じんする。

強い気流でダストケース内のゴミを圧縮して捨てやすくする「ごみプレス」運転、ブラシを逆回転させホコリをクリーニングする「ブラシ自動おそうじ」など、手入れのしやすさにも配慮する。

カラーはシャンパンゴールド、ブラックの2色。

価格はオープン。