福士蒼汰&戸田恵梨香が木村拓哉を襲う! (C)沙村広明/講談社
(C)2017映画「無限の住人」製作委員会

写真拡大

 木村拓哉と三池崇史監督がタッグを組み沙村広明氏の人気漫画を映画化する「無限の住人」の劇中カットが、このほど初披露された。初の悪役に挑む福士蒼汰と、本格アクションに初挑戦する戸田恵梨香の“美しき剣士”姿を切り取っている。

 圧倒的な画力と斬新な殺陣描写が時代劇の枠を超えて話題を呼び、米国の権威あるコミック賞「アイズナー賞」の最優秀国際作品に輝いた同名漫画が原作。不老不死の肉体を持つ隻眼の剣士・万次(木村)が、剣客集団「逸刀流(いっとうりゅう)」に両親を殺された凜(杉咲花)に仇討ちを依頼され、用心棒として復しゅうの戦いに身を投じる姿を描いた。

 福士は、凜の両親を惨殺した逸刀流の2代目統主・天津影久を演じる。写真では眼光鋭く武器を構え、統主としての風格を醸し出している。観客の反応に「どう見られるかというのは、僕自身も楽しみです」と期待を込め、役作りについて「暴力的という言葉を強く意識して演じた」と明かした。

 さらに戸田は、天津に次ぐ実力を持つ女剣士・乙橘槇絵役。普段は遊女に身をやつしながら、天津への思慕を秘め、人生さえも捧げるという役どころだ。「槇絵はかっこよさと儚さと可憐さをもつすごく魅力的な女性で、そういう女性像は今まで演じたことがなかったですし、演じていてとても気持ちが良かったです」と語り、約10年ぶりの木村との共演を「(自身は)アクションに対して無知だったので、その無知な私にいろんなコツややり方をすごく丁寧に教えてくださって、本当に助けられながらやってこられました」と振り返っている。

 「無限の住人」は、2017年4月29日から全国公開。