牡蠣好き必見!大粒の牡蠣フライが5個付く「牡蠣フライ膳」(1706円)

写真拡大

和食ファミリーレストランの華屋与兵衛では、広島県産牡蠣や栗を使用したメニューがそろう「冬フェア」を開催中。今回は同フェアのラインアップの中から、「牡蠣フライ膳」(1706円)と「マロンパフェ」(626円)を記者が実食してみた。

【写真を見る】「マロンパフェ」(626円)。何層にも折り重なる和のハーモニー!

冬を代表する味覚である牡蠣。同店が提供する「牡蠣フライ膳」は、大粒の牡蠣フライを5個贅沢に盛り合わせ、そのおいしさを存分に堪能することができる。早速口へ運んでみると、衣はサクサク、中はふんわりジューシー!絶妙な揚げ具合だ。まろやかで濃厚な牡蠣の旨味が、口いっぱいに広がった。

同メニューは牡蠣フライの他に、豚汁と小鉢、ごはん、お新香が付く。豚汁は良質な豚肉と野菜がたっぷり入り、こちらも主役級に美味!味、ボリューム共に大満足間違いなしだ。

続いては、栗とサツマイモをたっぷり使用した「マロンパフェ」。栗の甘露煮や芋けんぴ、渋皮入り栗アイス、バニラアイス、玄米フレーク、あずき、寒天などが入り、和の甘味の魅力が凝縮されている。なかでも記者のお気に入りは、渋皮入り栗アイス!ほっこりとした優しい甘味と渋皮のコクが感じられ、素材の味をストレートに楽しめた。

華屋与兵衛の「冬フェア」は、2017年1月31日(火)まで実施予定。今回紹介した2品の他には、「牡蠣鍋」(1274円)、「牡蠣釜飯膳」(1490円)、「和栗とさつまいものモンブラン」(518円)、「渋皮入り栗アイス、最中のマロンムース添え」(410円)などのメニューを展開している。この機会に、旬の味覚を心行くまで味わってみよう。【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】