写真提供:マイナビニュース

写真拡大

木村拓哉主演の映画『無限の住人』(2017年4月29日公開)の劇中カットが15日、公開された。

木村と三池崇史監督の初タッグによって描かれる本作は、累計発行部数500万部を記録する同名人気漫画が原作。木村は、興行収入41億円を記録した『武士の一分』(06年)以来の時代劇主演に挑み、「面倒くせぇ」が口ぐせで百人斬りの異名を持つ不老不死侍・万次(まんじ)を演じる。

このたび公開されたのは、福士蒼汰演じる”剣客集団・逸刀流の統主・天津影久(あのつかげひさ)と、戸田恵梨香演じる女剣士・乙橘槇絵(おとのたちばなまきえ)の戦闘シーンだ。

天津は、杉咲花演じるヒロイン・凛の仇討ちの相手で、美しい容姿を持ちながら、目的のためなら手段を選ばない最強の戦士という役どころ。自身初となる悪役に、福士は「暴力的という言葉を強く意識して演じた」と役作りについて語った。

戸田が演じる乙橘は、天津への思慕を持ち、遊女に身をやつしながら戦闘では天津に次ぐ実力を見せる。今回公開されたのは、木村演じる万次との対決シーン。初の本格アクション映画に挑戦する戸田は「槇絵はかっこよさと儚さと可憐さをもつすごく魅力的な女性で、そういう女性像は今まで演じたことがなかったですし演じていてとても気持ちが良かったです」と語った。