ノートPC&タブレットをシーンに応じて使い分けられる

写真拡大

パソコン(PC)やタブレットなどを手がける日本エイサー(東京都新宿区)は、タブレットPC「Switch Alpha 12シリーズ SA5-271-F58U/F」を2016年11月17日に発売する。タッチパッド内蔵キーボードドックと10点マルチタッチ対応12型(2160×1440ドット)ディスプレイが脱着可能な「2 in 1」タイプ。

常に最新版を使える「Office Home and Business」搭載

シーンに応じてノートPCとタブレットを使い分けられる。ディスプレイ側に最大165度まで角度調節が可能なU字フレームキックスタンドを装備。スタイラスペンが付属する。

OSは「Windows 10 Home」(64bit)を搭載。無料でバージョンアップされ常に最新版を使えるマイクロソフトのビジネスソフト「Office Home and Business Premium」がプレインストール。

独自開発のヒートパイプ式液体冷却「Acer LiquidLoopクーリングシステム」を採用し、CPU(プロセッサー)「Core i5-6200U」を効率的に冷やしながら性能を100%引き出せる。ファンレスのため音が静かで、消費電力も抑えられる。

メモリーは8GB、内蔵ストレージは256GB SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)。IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0をサポート。リア約500万画素、フロント約200万画素カメラを搭載。インターフェイスはUSB 3.0×1、USB Type-C(USB 3.1 Gen 1)×1。カラーはシルバー。

価格はオープン。