私って、実はみんなに理解されてないの?

写真拡大

自分では一生懸命がんばっているつもりでも、他の人には意外と理解されていないものです。人はびっくりするほど他人に関心がないのです。それは、髪型を変えたことにみんなが気づいてくれなかったり、芸能人のスキャンダルがすぐに忘れられたりすることからもわかりますね。

世の中は甘くない!

突然ですが、ここで質問です。
あなたは、自分の仕事ぶりや生活ぶりを振り返って、「がんばっている」「ちゃんとやっている」と思えるでしょうか?
「いいえ」の人は、もう少しがんばりましょう。
では、「はい」の人。その「ちゃんとがんばっている自分」は、まわりの人にわかってもらえていると思いますか?
「仕事はていねいにやっているし、気だって遣っているし、残業もしているんだから、きっとわかってもらえているだろう」
などと思った方は、のんきにかまえすぎです。
残念ながら、世の中はそんなに甘くはありません。

自分で思うほどにみんなから見られていない

どんなにあなたのことをわかってくれていると思う人でも、理解しているのはせいぜい40%くらいです。ちなみにこれは、私が10年間のコーチングでのインタビュー経験などから得た感覚です。夫婦や親子の関係でもそれくらいでしょう。ずっと一緒にいる家族ですらその程度なのに、仕事で顔を合わすだけの人にわかってもらえているわけがないのです。
だいたい、他人はあなたのことをちゃんと見てはいないものです。というか、もうびっくりするくらい関心がありません。

髪型を変えても、気づいてくれないの?

たとえば、あなたが髪型を変えたとします。
これまで普通の髪型だった人が、アフロヘアにしたりピンク色に染めたりしたのならまだしも、多少切ったりパーマをかけたり明るい色にしたりしたくらいで、いったい何人の方が気づいてくれるでしょうか。
学生時代、クラスで集合写真を撮ったと思いますが、それを配布されたときにほとんどの人が最初に見るのは自分です。というか、ほかの人の顔なんて好きな人でもないかぎり、まず見ることはない。
一時期、大騒ぎされた芸能人のスキャンダルでさえ、少し時間がたつとすっかり忘れ去られてしまいます。
それほど、人間は他人のことを気にしていないものなのです。

まとめ

 いかがですか。あなたにも、思いあたることはありませんか。自分が思うほど、みんなは自分のことを評価したり、関心を寄せたりしてくれていない、ということですね。でも、このままじゃ悲しいですね。どうすればいいのか? それをこれから考えていきましょう!

参考図書『なぜか好かれる人の「わからせる技術」』サンマーク出版 (2016/8/22) 著者:馬場啓介