ヤマハとアバルトがコラボレーションした「YAMAHA XSR 900 ABARTH」をミラノで展示

写真拡大 (全3枚)

レーシング部門のノウハウを両車に採用

世界最大のモーターサイクルショー「EICMA2016」がイタリア・ミラノ市で開催されている。そこにアバルトは、ヤマハとコラボレーションし「YAMAHA XSR 900 ABARTH」のプロトタイプを展示した。

YAMAHAのMotoGPチームのスポンサーになっているアバルト。今回のモデルは両メーカーの継続的な関係の一環として作られたものだ。

XSR900 ABARTHはグレーのカラーリングに赤いラインを入れることによりアバルトらしさを演出。写真の両車はディテールやアクセサリーに共通点をもちながら、アクラポビッチ製マフラーを装着。レーシング部門で開発された技術を共有化している。

今度は両者の技術が投入された4輪車、アバルト124スパイダーや595などの限定車が発売されることを期待したい。