マーゴット「ハーレイ・クイン」の新作が前進

写真拡大

マーゴット・ロビーが演じる、ハーレイ・クインを主役とした新作の脚本家が決定したようだ。

「スーサイド・スクワッド」に続き、マーゴットが演じるセクシーで何をしでかすか分からない悪役のハーレイ・クインを主役にした新作に向けて、クリスティーナ・ホッドソンが脚本を執筆することになった。

マーゴットがプロデューサーも兼任する同作については、ワーナー・ブラザースから正式なコメントは出されていないものの、ザ・ラップはハーレイ・クインだけでなく、数々の女性スーパーヒーローが登場する作品になると伝えている。しかし、登場するキャラクターやその位置付けについては分かっていない。

今回その注目作で筆をとることが決定したホッドソンは、まだ製作のされていない脚本の人気投票であるブラック・リストにこれまで3作も選ばれ、その中の「逃亡者」のリバイバル版と「ジ・エデン・プロジェクト」はソニーとマテリアル・ピクチャーズがそれぞれ版権を獲得している注目の脚本家だ。最近ではナオミ・ワッツが心理学者メアリー・ポートマンを演じる新作「シャット・イン」の脚本も手掛けている。

ハーレイ・クインのスピンオフ作品については今年9月、「スーサイド・スクワッド」でその役を演じたことをきっかけにすっかり虜になったと言われているマーゴットが、プロデューサーとしてワーナー・プラザースとファーストルック契約を交わしたことが報じられていた。

新作でハーレイ・クインの危険な恋人ジョーカー、そしてそのペアを止めに来るのでおなじみのバットマンが登場するのかどうかについては分かっていないが、マーゴットは以前、またジョーカーとハーレイ・クインがタッグを組む姿を見たいと口にしていた。