思わずもん絶してしまう杉原杏璃

写真拡大

11月14日に都内でアメリカNo.1評価の分析・取引ツール日本株版「トレードステーション」の公式ガイド出版発表会が開催され、ゲストとして杉原杏璃とAMEMIYAが登場した。

【写真を見る】AMEMIYA(右)に株取引の歴史を暴露され、杉原杏璃は赤面!

同ガイド本「トレードステーション入門」は、アメリカのアクティブトレーダーから長年高い評価を受け続けるトレーディングツール「トレードステーション」が、日本株に対応し、その「トレードステーション」のA to Zを完全網羅。特別付録には同誌限定のカスタムインジケーターを収録している。

発表会では、AMEMIYAが歌ネタ「冷やし中華はじめました」の替え歌「トレードステーションはじめました」を熱唱し、会場を盛り上げた。

また、グラビアアイドルながらすご腕の投資家としても注目を集め、同誌の表紙を飾っている杉原は「スケジュールの都合上、アルバイトもできないので、何とか家にいてお金をためる方法として始めました」と株取引を始めたきっかけを告白。

胸元が大きく開いた衣装での表紙の写真について「経済の方面での雑誌で、こんなに胸元を開けてていいのかなと思いながら撮影しました(笑)。これを見て、株に興味のない方も興味を持っていただけたらありがたいですね」とにっこり。

さらに、著名トレーダー3人と共に、「取引手法」や「注目している銘柄・ジャンル」「独自の売買ルール」などをテーマに語り合うトークショーも。

トークショー後、AMEMIYAが再登壇し、杉原の株取引の歴史を歌詞に織り込んだ歌ネタ「杏璃、株でも夢くれました」を披露すると、杉原はもん絶。「どこまで私のこと知ってるんですか!?」と苦笑いしきりだった。