またまたこの4人が帰ってくる!?(写真は映画『セックス・アンド・ザ・シティ』より)
 - James Devaney / WireImage / Getty Images

写真拡大

 大ヒットしたテレビドラマ「SEX AND THE CITY」シリーズのスピンオフ作品が製作されるかもしれない。同シリーズでサマンサ・ジョーンズ役を務めたキム・キャトラルが、Twitterでその可能性をほのめかした。

 ニューヨークを舞台に恋に仕事に友情に生きる4人の女性の本音を大胆に描き、世界中の女性たちを熱狂させた本シリーズ。2008年には『セックス・アンド・ザ・シティ』として映画化もされ、2010年の続編『セックス・アンド・ザ・シティ2』以降、新作の企画がうわさされるものの、実現にはいたっていなかった。

 そして今回、ウェンディー・ウィリアムズがホストを務めるトークショー番組「The Wendy Williams Show」で、キムふんするサマンサを主人公にしたスピンオフ作品の可能性について伝えると、キム自らそれに対して「私は信じられないくらいうれしく思っていますし、感動しています。みなさんを笑いに包むような真剣なビジネスに再び戻るのが待ち遠しいです! 幸運を祈って」とスピンオフ作品を肯定するようなツイートをした。

 今年10月にも、主人公キャリーを演じてきたサラ・ジェシカ・パーカーがテレビ番組に出演した際に、新作について聞かれると「配膳室にまで来ているわね。テーブルにはまだ出されていないけど、誰かがすぐそばまで用意しているのは確かだわ」と答えていた。今回のキムの発言と照らし合わせてみても、なにやら面白い企画が進行していると言えそうだ。(編集部・石神恵美子)