A代表初招集となったMF井手口陽介(G大阪)

写真拡大

 今シリーズで唯一の初招集、そして最年少となる20歳のMF井手口陽介。11日に行われたキリンチャレンジ杯オマーン戦での出場はなく、翌日に控えたサウジアラビア戦の出場も微妙な状況だが、「できるだけ良い準備をしておきたいし、初めてA代表を経験する中で何かを得て帰りたい」と現状を前向きに捉えている。

 合宿初日の6日に合流した井手口は、当日の練習後に「楽しい雰囲気でできているけど、緊張している」と緊張感があった様子だったが、約1週間の活動期間の中で常連メンバーとのコミュニケーションを深めたようで「最初は緊張していたけど、今はあまり緊張はなくなりました」と話した。

 チームに馴染んできているようだが、ピッチ上では“違い”も感じている。「すごくレベルの高い中で練習させてもらっている。プレースピードや判断の速さは、やっぱりレベルが違うという感覚がある」。A代表のレベルの高いトレーニングをこなしている中で、自身の伸ばすべき部分も見えてきた。

「判断の早さだったり、切り替えの早さだったり、すべての質を上げていかないと通用しないと身を持って感じた」。そして、残された活動期間の中でも、「何かを得て帰りたい」とどん欲な姿勢を示した。

(取材・文 折戸岳彦)


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧