「街灯にあなたの名前を」  台湾・台北市が経費削減に向け妙案

写真拡大 (全2枚)

(台北 14日 中央社)台北市内にある街灯に、あなたの名前を付けられるのをご存知だろうか。台北市政府工務局公園路灯工程管理処が実施している街灯を対象とした電気代寄付制度の特典とされているもので、同処では利用を呼びかけている。

同制度は経費削減を狙って2003年から実施。同処の黄立遠処長によると、年間1000台湾元(約3400円)の寄付金を払えば、誰でも好きな街灯に名前を付けられるという。自分だけではなく、他人のためにも夜道を明るく照らすささやかな善意を形にできるほか、寄付金控除による節税につながるとメリットを強調する。

一度に最長3年分の寄付が可能。指定された街灯には特製シールが貼られるほか、感謝状も授与される。交際相手の女性が安全に家に帰れるよう、帰宅経路にある街灯の命名権を取得した男性もいるとしている。

(編集:齊藤啓介)