13日、中国の漁業当局の高官がこのほど、フィリピンと領有権を争う南シナ海のスカボロー礁(中国名:黄岩島)に近いルソン島サンバレス州の漁村を訪れ、中国が地元の漁民に支援を提供する用意があることを明らかにした。資料写真。

写真拡大

2016年11月13日、中国の漁業当局の高官がこのほど、フィリピンと領有権を争う南シナ海のスカボロー礁(中国名:黄岩島)に近いルソン島サンバレス州の漁村を訪れ、中国が地元の漁民に支援を提供する用意があることを明らかにした。米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)の中国語ニュースサイトが伝えた。

台湾・中央社によると、サンバレス州マジンロックを訪問した中国農業部漁業漁政管理局の劉新中(リウ・シンジョン)副局長は、「訪問の目的は、中国がフィリピン漁民にどのような援助を提供できるかを見極めるためだ」とした上で、「フィリピン漁民はすでに同礁周辺の海域で自由に漁を行うことができる。中国の警備船がこのエリアでパトロールしていてもだ」とも付け加えた。(翻訳・編集/柳川)