紅一点の綾瀬はるかが男性陣からモテモテ

写真拡大

百田尚樹の小説を、岡田准一と山崎貴監督率いる『永遠の0』(13)チームで映画化した『海賊とよばれた男』(12月10日公開)の完成披露舞台挨拶が、11月14日に東京国際フォーラムで開催され、主演の岡田准一ら豪華キャストと山崎貴監督が登壇。岡田たちは綾瀬はるかの爆笑エピソードを披露し、会場を笑いに包んだ。

【写真を見る】綾瀬はるかが背中パックリのセクシードレスでファンサービス

キャストは岡田、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口徹、ピエール瀧、綾瀬はるか、堤真一、國村隼、小林薫の10名が顔を揃えた。岡田は「男だらけだった」という現場について「綾瀬さんが来ている時のみんなの喜びようったらありゃしない。なぜか薫さんが毎回横を陣取るんです」と苦笑いし、会場は大爆笑。

岡田は綾瀬について「久しぶりにお会いしたら、ぼくのことを“国鐡(クニテツ)”さんと呼ばれて。国岡鐵造役でしたが、今日、いきなり略されて」とツッコむと、綾瀬は「すいません。間違えちゃって」と大笑いする。

綾瀬は「わずかな日々でしたが、活気がある現場で。“クニテツ商店”のなかに入ったら素敵な現場だなと。私も男性になったら混じりたいと思いながら見てました」と笑顔を見せた。

続いて吉岡も綾瀬の爆笑ネタを披露。「リンスとコンディショナーの違いは何だ?と、おじさんたちで盛り上がっていた時に綾瀬さんがいらして。綾瀬さんに聞いたら『リンスはあっさり、コンディショナーはこってり』とおっしゃって。おじさんたちがみんなキュンとして、一瞬恋に落ちた瞬間がありました」と言って笑いを取った。

最後に、キャスト陣が山崎監督作の素晴らしさをクロストークした後、岡田が「期待を裏切らない作品に仕上がってると思います」と力強く締めくくった。

『海賊とよばれた男』は、一青年の国岡鐡造(岡田准一)が、戦後、日本に大きな勇気と希望を与える大事業を成し遂げていくという感動作。『永遠の0』は、興行収入87.6億円で2014年年間邦画興行ナンバー1に輝いただけに大きな期待がかかっている。【取材・文/山崎伸子】