特別仕様車GT“Solar Orange Limited”<オプション装着車>(トヨタ自動車の発表資料より)

写真拡大

 トヨタ自動車は14日、スポーツカー「86」に特別仕様車「GT“Solar Orange Limited”」を設定し、2017年3月10日に発売すると発表した。2017年1月31日まで期間限定で注文を受け付ける。また、Brembo社製のブレーキを採用した「“Limited・High Performance Package”」をGTグレードに設定し、2017年2月7日に発売することも発表、こちらも先行して注文を受け付ける。

 86(ハチロク)は、トヨタとスバルが共同開発したスポーツカーで、2012年に発売された。スバルからは姉妹車「BRZ」が出ている。グレードは、標準の「G」、低価格・軽量化を行った「RC」、上級グレード「GT」の3種類があり、「GT」には最上級グレードとなるLimitedも設定されている。

 今回の特別仕様車は「GT」をベースとしており、外板色に特別設定色となる「ソーラーオレンジ」を採用。内装にはブラックを基調としながら、シートやステアリングなど随所にオレンジのステッチをあしらっている。シート表皮には本革×アルカンターラを採用。前席はシートヒーター付きの仕様とし、グランリュクスを用いたインストルメントパネルを採用している。

 86 GT“Limited・High Performance Package”は、最上級の「GT“Limited”」をベースとし、Brembo社製の高性能ブレーキを採用することで、優れた制動性能を確保。専用の17インチアルミホイールやSACHS(ザックス)アブソーバーを装備し、高い操縦安定性も追求したモデルだ。

 Solar Orange Limitedは、期間限定の受注ながら、トヨタでは受注状況によっては期間終了前に終了することもあるとしている。

 希望小売価格は、「GT“Solar Orange Limited”」が325万1,880円〜331万8,840円、「GT“Limited・High Performance Package”」が339万4,440円〜346万1,400円(いずれも税込)。