クライスト・チャーチ・カレッジ グレート・ホール

写真拡大

大ヒットファンタジー映画『ハリー・ポッター』シリーズの撮影で使われたクライスト・チャーチで火災が発生したことが分かった。米Entertainment Weeklyが報じている。

火災が起きたのは、オックスフォード大学付属のクライスト・チャーチ。オックスフォードシャー州の消防局によると、火災の原因はホットプレートで、出火から約1時間後に鎮火したとのこと。この火災による怪我人の情報は今のところ発表されていない。また、被害の詳細についても明らかになっていないが、教会スタッフは「炎は見えなかったが、黒い煙が充満していた」と、Cherwellの取材で答えている。

ここのグレート・ホールは、『ハリー・ポッター』シリーズのホグワーツ魔法学校の舞台としてロケが行われていたことでも知られており、全校生徒が集まる大食堂や、『ハリー・ポッターと賢者の石』で印象的だった16世紀の階段などはここで撮影された。(海外ドラマNAVI)