14日、文字や音量が大きく操作が簡単なシニア向けスマートフォンは中国でも近年利用者が増えているが、このほど行われた検査で合格率0%のメーカーが見つかり話題となっている。写真は中国の電子機器販売店。

写真拡大

2016年11月14日、文字や音量が大きく操作が簡単なシニア向けスマートフォンは中国でも近年利用者が増えているが、このほど行われた検査で合格率0%のメーカーが見つかり話題となっている。CCTV(中国中央テレビ)電子版が伝えた。

中国国家品質監督検験検疫総局によると、今年広東省深セン市で行われたシニア向けスマホのサンプリング検査で1000台余りのスマホを検査したが、国が定める基準を満たしたものはゼロだった。さらに、2度目の検査でも合格率はゼロとなり、5機種3000台余りのシニア向けスマホ全てが不合格だった。当局はスマホを製造したメーカー2社に生産停止と罰金の処罰を言い渡した。

こうした劣悪なスマホが流通する背景に、業界の不景気があると検査に携わった関係者が語っている。同関係者によると、同様のスマホは一般的に50元(約800円)ほどで販売されており、中にはさらに安いものも存在する。処罰を受けた2社は会社を維持するために、低機能で低価格の注文を大量に請け負ったが、コストを抑えるために品質がおろそかになってしまったという。こうした現状を受け、当局は取り締まりを強化するとしている。(翻訳・編集/内山)