トム・フォード最新作『ノクターナル・アニマルズ』ジェイク・ギレンホール×エイミー・アダムス

写真拡大

トム フォード(Tom Ford)のデザイナーであるトム・フォードが監督を務める映画『ノクターナル・アニマルズ(Nocturnal Animals)』の日本公開が決定。2017年11月3日(金・祝)より、TOHO シネマズ シャンテほか全国の劇場で上映される。

デザイナー トム・フォード7年ぶりの新作

ファッションデザイナーのトム・フォードが『シングルマン』(2009)以来、7年ぶりに監督を務めた本作は、1993年に出版されたオースティン・ライトの小説「ノクターナル・アニマルズ」の実写化作品だ。愛と残酷さ、復讐と償いのきわどい境界線を揺れ動く心を描きだした、恋愛ミステリー映画となっている。

小説・過去・現在が交差する物語

アートギャラリーのオーナーであるスーザン(エイミー・アダムス)は夫とともに経済的には恵まれながらも心は満たされない生活を送っていた。ある週末、20年前に別れた元夫のエドワード(ジェイク・ギレンホール)から小説原稿「夜の獣たち(Noctural animals)」が届く。彼女に捧げられたその小説は、暴力的で衝撃的な内容だった。

それを読み進めていくうちに感銘を受けたスーザンは、エドワードと過ごした日々を思い出す。自分が送ろうとしていた生活、エドワードにした仕打ち、現在の心を失う時間…。彼はなぜ小説を送ってきたのか、エドワードの真意にスーザンは迫っていく。

ジェイク・ギレンホール×エイミー・アダムス

エドワード役を演じるのはジェイク・ギレンホール、そしてスーザン役はエイミー・アダムスが演じる。他にも、『キック・アス』『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のアーロン・テイラー=ジョンソン、『ソーシャル・ネットワーク』のアーミー・ハマー、そしてマイケル・シャノンといった豪華メンバーが名を連ねる。

賞レースを席巻

2017年1月8日に発表されたゴールデン・グローブ賞では、助演男優賞を受賞。受賞したアーロン・テイラー=ジョンソンは、劇中でエイミー・アダムス演じる主人公が読む小説に登場し、その狂った言動で主人公の心をかき乱していく男を怪演している。『キック・アス』や『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』などの過去出演作とは一線を画す変幻自在な演技に高い評価が集まった。

さらに、第89回アカデミー賞助演男優部門に、マイケル・シャノンがノミネート。劇中でジェイク・ギレンホールが演じる男を手助けする寡黙ながらも熱のある警察官役の演技が評価された。2008年に公開されたレオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット出演の『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』の演技も高く評価され、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされており、本作が2度目のアカデミー賞助演男優賞候補となる。

【作品詳細】
『ノクターナル・アニマルズ』
公開時期:2017年11月3日(金・祝) TOHO シネマズ シャンテほか全国ロードショー
脚本・監督:トム・フォード
出演:エイミー・アダムス、ジェイク・ギレンホール、マイケル・シャノン、アーロン・テイラー=ジョンソン、アイラ・フィッシャー、アーミー・ハマー、ローラ・リニー
原作:「ノクターナル・アニマルズ」(オースティン・ ライト著)
原題:『Nocturnal Animals』

©Universal Pictures Photo©Merrick Morton/Universal Pictures International


[写真付きで読む]トム・フォード最新作『ノクターナル・アニマルズ』ジェイク・ギレンホール×エイミー・アダムス

外部サイト

  • トム フォードが時計の新事業「TOM FORD TIMEPIECES」を発表、スイス拠点に高級腕時計
  • 「100点の名画でめぐる100年の旅」ルノワール・ピカソ・ゴッホ他名画が集結、箱根・ポーラ美術館にて
  • 映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2』EXILE・NAOTOや小林直己ら新キャラ登場