ムン・グニョン、演劇「ロミオとジュリエット」ロミオ役パク・ジョンミンの魅力を語る“誰も真似できない”

写真拡大

女優ムン・グニョンがパク・ジョンミンの魅力を述べた。

ムン・グニョンは14日午後2時、ソウル市漢南洞(ハンナムドン) BLUE SQUAREのブックパーク・カオスホールで行われた演劇「ロミオとジュリエット」の制作発表会に出席し「この作品を演じることができ光栄に思う」と話した。

彼女は「心配になり少し怖かったけれど、多くの先輩たちと呼吸を合わせながら良い作品を作っていきたい」と覚悟を固めた。

ムン・グニョンは劇中、ジュリエット役に扮しロミオ役のパク・ジョンミンと演技の呼吸を合わせる。

彼女は「パク・ジョンミンが演じるロミオの魅力は情緒深い」としながら「誰も真似ることはできない最高の魅力」と付け加えた。

「ロミオとジュリエット」は、シェークスピア逝去400周年を記念して企画され、ロミオとジュリエットのロマンスを収める。パク・ジョンミン、ムン・グニョン、ソン・ビョンホ、ソ・イスク、ペ・ヘソン、キム・ホヨン、キム・チャンホ、イ・ヒョンギュンなどが出演する。

今年12月9日、韓国国立劇場タルオルム(月の出) 劇場で開幕する。