CJ E&M、10億円を投資してJKフィルムを買収…グローバル市場の拡大を推進

写真拡大

コンテンツ制作流通企業のCJ E&Mが、「TSUNAMI-ツナミ-」「国際市場で逢いましょう」など、1000万人を動員した韓国映画を企画・制作した映画会社JKフィルムを買収する。

JKフィルムのキル・ヨンミン代表は本日(14日) 、マイデイリーとの電話インタビューで「CJ E&Mに買収されたことは正しい」としながら、「買収価額は正確には決定されていないが、100億ウォン(約9億2000万円) 内外になるだろう」と話した。

キル代表は、「JKフィルムはグローバルな拡張を推進していくために、今年の初めからパートナー社を物色してきた」としながら、「今年の初めから意見を交わして、最近確定した」と明らかにした。

CJ E&M側も、「本来15%の持分があったが、最近51%に増やした」としながら、「私たちが持っている海外インフラを基に、グローバル市場を攻略するためにJKフィルムの買収を決めた」と話した。

JKフィルムの次期作は、ユン・ジェギュン監督の「カンフーロボット」だ。中国のワンダーグループが投資配給して、CJ E&Mが部分的に参加する構造だ。「カンフーロボット」の他にも、今後制作する映画のほとんどがグローバル市場を目標に制作される。

これでCJ E&Mは大企業の強大な資本力を前面に出して、ドラマ、バラエティ、音楽を越えて、今では映画コンテンツまで直接制作できることになった。

今年2月にはパク・ジウンとキム・ウンスク脚本家の各所属事務所である文化倉庫とファ&ダムピクチャーズを順に買収して、制作会社スタジオドラゴンを設立するなど、ドラマや映画制作に拍車をかけている。