SMエンターテインメントがK-POPの人工知能時代を切り開く!“SM Aibrilサービスモデル”を開発

写真拡大

SMエンターテインメントが人工知能時代を切り開く。

14日、SMエンターテインメントは「SK(株) C&Cと人工知能“Aibril”を活用し、K-POPなど韓流コンテンツを融合、これまで経験したことのない新しい高付加価値型エンターテインメントサービス開発に乗り出す」と明かした。

この日、ソウル三成洞(サムソンドン) SMコミュニケーションセンターで「Aibril基盤エンターテインメント専門サービス開発協約」を締結した。両社はより早い事業推進のために、人工知能専門家、エンターテインメント専門家、コンテンツ開発専門家などでT.F.を構成し、生活密着型「SM Aibrilサービスモデル」を開発すると知らせた。

SMのキム・ヨンミン代表は「今回のMOU締結はSMが準備している未来のセレブリティとロボットの世界のための第一歩だと思う。SMが保有しているK-POPなど韓流コンテンツを様々なデバイスに活用し、新しい人工知能産業生態系を作ることに役立てる」と明かした。