Leessang ケリ「ランニングマン」にゲストで特別出演“もういじめないで”

写真拡大

Leessangのケリが「ランニングマン」と別れを告げた。ケリのいない最初の「ランニングマン」に特別ゲストとして出演したケリの活躍が際立った。

13日午後、韓国で放送されたSBSバラエティ番組「ランニングマン」はケリの空席のため寂しい気持ちを慰めるために欠乏旅行に出た。狎鴎亭(アックジョン) 住民のユ・ジェソクの推薦を受け、すべてのコースを6時間以内に回るミッションだった。

ミッション費用は1人あたり最低賃金の6030ウォン(約553円) 、ミッション携帯のバッテリーは7%、燃料がほとんどないミッション車両を与えられたメンバーたちは不満をぶつけながらも全力を尽くしてミッションを遂行した。

その過程でメンバーたちはケリに助けを求めた。1、2回目のミッションでは半値チャンスを獲得するためにケリに電話をかけ、カラオケミッションではお小遣いを稼ぐためにケリのもとを訪れた。

ケリは「もういじめるの止めてよ」と言いながらも、メンバーたちが自身の元へ来ることが嬉しい様子だった。かえってミッションだけ遂行して帰ってしまうメンバーたちを見ながら残念そうな顔を見せ、ソン・ジヒョはケリに会ってすぐにハグをし嬉しい気持ちを伝えた。メンバーたちはケリと密かに撮ったプリクラ写真を貼ったりして、相次いでミッションに成功した。

R旗探しの漢江(ハンガン) 自転車ミッションで、制作陣はケリの目を盗んで自転車を盗んで来れれば自転車レンタル料金を返してあげると話す。メンバーたちは「もうケリをいじめるのは止めなさい」「もう挨拶するのも恥ずかしい」とし、不満をぶつけた。しかし、ケリに会ったソン・ジヒョとイ・グァンス、チ・ソクジンなどはケリを完璧に騙し、ケリは「ストレス!」と叫び、笑いを誘った。

最後のミッションは残った8130ウォン(約747円) でケリのためのペアアイテム7つを購入すること。メンバーたちはペアペンを買い、6つのツアーにすべて成功した。ケリと再会したメンバーたちは以前のように楽しくおしゃべりをした。ケリは「本当に嬉しかった。通りすがりに一緒にご飯が食べたくなったら来てほしい」と感想を伝えた。また、メンバーたちは「ゲストで毎週来てほしい」とし、最後までケリに対する愛情を表した。