写真提供:マイナビニュース

写真拡大

シンガポール航空は12月13日より、羽田=シンガポール間においてエアバスA350-900による運航を開始する。同便は東京=シンガポール間を結ぶA350による初の定期便となる。

A350-900は現在、羽田=シンガポール間を毎日運航しているSQ633/SQ632便の機材変更として、まずは火・水・金・土・日曜に導入され、その後順次運航日を増やし、2017年1月2日からは毎日同機での運航を予定している。

シンガポール航空は3月にA350-900を初受領。A350-900は先端技術と優れた運航効率性を併せ持ち、高い天井、大きな窓、幅広い機内と時差ボケを軽減する照明など、より快適な空の旅を提供する。A350-900の座席構成は、3 クラス制の全253席(配列1-2-1のフルフラットベッドのビジネスクラス42席、配列2-4-2の新プレミアムエコノミークラス24席、配列3-3-3のエコノミークラス187席)となっている。

シンガポール航空はA350-900最大のカスタマーであり、超長距離型のA350-900ULRを7機含む67機のA350-900の導入を予定。また、A350-900ULRのローンチカスタマーであり、機体の引き渡しは2018年度より開始される予定となっている。これらの機材は、シンガポール=ニューヨーク/ロサンゼルス間などの米国都市への直行便として運航を予定。A350-900 は、新規路線の就航、ネットワークの拡充、そしてシンガポールでのハブ機能のさらなる強化による乗り継ぎの利便性向上という観点から、同社の保有機の中でも重要な位置を占めることになる。

現在同社は、羽田=シンガポール間を毎日3便、成田=シンガポール間は毎日2便、合計で東京=シンガポール線を毎日5便運航しており、成田=ロサンゼルス間も毎日運航している。現在、これらのフライトには全てボーイングB777が運用されている。