制作中のアニメ「幼女戦記」
キービジュアル (C)カルロ・ゼン・KADOKAWA刊
/幼女戦記製作委員会

写真拡大

 カルロ・ゼン氏が「コンプエース」(KADOKAWA刊)で連載中の小説を原作とするテレビアニメ「幼女戦記」のキービジュアルが公開された。主人公のターニャ・デグレチャフが荒廃した街中でたたずむ姿が描かれている。

 「幼女戦記」は、命を落とした日本のエリートサラリーマンが、魔導と銃器が入り交じる異世界に転生し、金髪にへき眼で、透き通る白い肌を持つ少女ターニャとして、軍人としての類いまれな才能を発揮させていく。

 このほか、ターニャが所属する帝国軍から、航空魔導師のヴィーシャと、参謀本部の作戦参謀次長ルーデルドルフのアニメ版ビジュアルとキャラクター設定も公開された。ヴィーシャは、ターニャが部隊長を務める小隊に補充要員として着任する少女。幼年学校卒業後に徴兵されて魔導師になったためか、やや兵士としての自覚に欠けるが、ターニャのもとで成長を遂げていくという役どころだ。ルーデルドルフは、豪快かつ活動的な軍人で、すでに公開されている戦務参謀次長のゼートゥーアとは同期の友人。軍令の大半に携わっており、大戦略に基づいた作戦次元での指導を担当する。

 テレビアニメ「幼女戦記」は現在鋭意制作中。放送情報などの詳細は随時発表される。