「青い海の伝説」チョン・ジヒョン“チョン・ソンイとは異なるキャラクター”

写真拡大

女優チョン・ジヒョンが自身が務めた人魚役に対する愛情を表した。

チョン・ジヒョンは14日午後、ソウル江南(カンナム) 区にあるIMPERIAL PALACEにて行われたSBS新水木ドラマ「青い海の伝説」(脚本:パク・ジウン、演出:チン・ヒョク) の制作発表会で「私が務める役が人魚だと聞いて、不安よりはドキドキして興奮した」と話した。

チョン・ジヒョンは「人魚というキャラクターが映画やドラマで見てきた題材ではないため、新鮮でより多くのものを見せられると思ってドキドキした」と付け加えた。

また、チョン・ジヒョンは「人魚役で愉快で愛らしい部分が多く表現されていた。パク・ジウン脚本家さんと『星から来たあなた』のチョン・ソンイで呼吸を合わせてみたので、自信があった。台本をもらって演技をしながら、非常に楽しく撮影している」と説明した。

チョン・ジヒョンは「チョン・ソンイとは違うキャラクターだ。チョン・ソンイ以上のキャラクターをたくさんの方々が期待しているのを知っている。似ている部分は私が超えなければならない壁だ。人魚にはすべてが新しい。そういうものに接する時に起きるエピソードや、受け入れる時の人魚の姿が、見ている私たちに新しい楽しさを与え、新しい役に見えるんじゃないかと思う。また、水の中のシーンが多い。そんな姿を非常に新しく感じているし、思った以上に神秘的だ。それを解いていく良い媒体になるんじゃないかと思う」と伝えた。