【本場中国料理 渤海飯店】五目あんかけ焼きそば。メニューはほかにも…

写真拡大

観光旅行に行ったら、その土地ならではのご当地グルメを食べたいものですが、なかには「ガイドブックに載ってないような、地元民行きつけの店に行きたい!」と思う方もいるんじゃないでしょうか? そこで今回は、札幌人がこよなく愛する中国料理の人気店3軒を厳選して紹介します!

【本場中国料理 渤海飯店】エビチリソース

■ 本場中国料理 渤海飯店(ぼっかいはんてん)

気取らずに入れる家庭的なたたずまいながら、出てくるメニューは本格的。それもそのはず、店主は中国の国家資格である「特級厨師」の特二級を持つ腕前。食材は店主自ら選び、出来るだけ北海道産食材を使うよう心がけているそう。さて、こちらのお店で味わってほしい定番メニューはコレ!

五目あんかけ焼きそば880円。麺は3種類の堅さから選べ、ホタテやイカといった海鮮や野菜など具だくさんなあんがとろりとかかったボリューム満点のひと品です。そして、こちらもオススメ。

やっぱりコレ、エビチリソース880円! 大きなエビとチリソースの辛さでご飯がすすむ一品です。

店内の壁には中国語で書かれたメニューがずらりと並び、どれにしようか悩んでしまうほど。アナタも、愛情のたっぷりこもった店主自慢の料理を食べてみてください!

■住所:札幌市東区北16東7-1-31 フロンティア16 1F■電話:011・742・7852■営業時間:11:00〜23:00■休み:年始■席数:54席

■ 中国料理 孔子餐店(こうしさんてん)

お次は、観光スポットとしても人気の北海道大学周辺にあるこちらのお店。クオリティの高い食材で丁寧に作る中国料理が評判で、調味料などは中国のものを取り寄せているものの、味付けは日本人の口に合うよう心掛けているそう。こちらのお店の注目メニューは…

四川山椒などの香辛料を効かせた四川麻婆豆腐735円! 深いコクと口の中がしびれるような辛さが醍醐味の一品です。ちなみに、これからの季節には「中国双味(そうみ)火鍋」3200円(2〜3人前)という鍋料理もオススメですよ。

上の写真は前菜の盛合せ(650円〜)。合鴨の燻製やクラゲの塩和えなど日替わりの前菜を盛り合わせた、満足度大のひと皿となってマス。

また、同店ではイエロー、グリーン、レッドと3種類から選べるタイカレーも隠れた名物料理。ぜひお試しあれ!

■住所:札幌市北区北14西4 北大病院前ビル2F■電話:011・746・5919■営業時間:11:30〜14:30、17:30〜23:00(LO)※日・祝は11:30〜14:30、17:30〜21:30(LO)■休み:土、年末年始■席数:30席

■ 中国料理 布袋(ほてい)

ランチタイムともなればひっきりなしに客が訪れる人気の中国料理店。本格的な中国料理が手ごろな値段で、しかもボリュームたっぷりに味わえるとあって、地元民から熱い支持を受けているお店なんですよ。ここでぜひ味わってほしいのが…

マーボーメン850円! 1日に100杯以上出る日もあるという、大人気メニューです。大きなラーメン丼にたっぷりかけられた麻婆豆腐は、あえて山椒を加えずクセのない味付け。辛いもの好きな方は卓上の布袋自家製ラー油をかけて食べるのもオススメ。

ちなみに、北海道では醤油やニンニクで味付けして揚げた唐揚げを「ザンギ」と呼び好んで食べていますが、こちらのお店には美味しすぎると話題のザンギもあります。

見てください、このボリューム! しかも、7つ入って570円! そのまま食べてもOKですし、あっさり味のザンギタレを付けても絶品。これはマストで食べなければ…。

■住所:札幌市中央区南1西9-1■電話:011・272・4050■時間:11:00〜22:00(LO21:30)、水〜14:00(LO)、土・祝〜21:00(LO)■休み:日、第3土■席数:71席