上海市第14期人民代表大会常務委員会第33回会議は11日、「上海市公共空間喫煙コントロール条例」修正案の可決を決定した。新条例は来年3月1日から施行される。写真は上海。

写真拡大

上海市は近く、公共の室内空間が「全面禁煙」という時代に突入する。上海市第14期人民代表大会常務委員会第33回会議は11日、「上海市公共空間喫煙コントロール条例」修正案の可決を決定した。新条例は来年3月1日から施行される。「新聞晨報」が伝えた。

今回の新条例では、レストラン、ホテル、娯楽場所などのこれまで喫煙コーナーの設置が認められていた空間が、今後は「全面禁煙」になることが最大の変化だ。これはつまり、室内に設置されていた「喫煙室」が過去の遺物になるということだ。過去2回の審議時の修正案に比べ、最終的に可決された新条例は室内での禁煙についての要求が加えられており、また特殊な状況下で室内に禁煙室を設置する場合の具体的要求を明確にし、政府と関連の行政主管当局が規定をうち出すとしている。

室内全面禁煙だけでなく、次の6種類の室外の公共空間も禁煙になる。

(1)託児所、幼稚園、中学校、小学校、少年宮、青少年活動センター、教育・研修機関、児童福祉施設などの未成年が主な活動主体である公共の場所

(2)女性子ども保健院(保健所)、小児科病院

(3)体育館、コンサート会場などの観客席、競技、公演する場所

(4)社会に開放された文化財保護機関

(5)人が集まる公共交通機関の待合いスペース

(6)法律、法規、ルールで規定されたその他の公共空間

違反した場合の処分について、修正案は、「個人が禁煙の場所で喫煙し、注意されてもやめなかった場合、50元以上200元以下の罰金を科す」としている。(提供/人民網日本語版・編集/KS)