ストレス下こそ力を発揮!「チャレンジ反応」とは何か

写真拡大

■ストレスの下で最大限の力を発揮する

人前でスピーチをするというのは、緊張を伴うゆえに強いストレスを感じるものだ。ドナルド・トランプやヒラリー・クリントンは、各地を遊説し数万人を相手に演説を繰り広げていた。必ず反論を持つ人間は出るだろうし、バッシングなど当然のごとし。そこで感じるストレスはすごいものだろう。

レベルは違えど、日常的なプレゼンや営業で数字をとる作業だって相当のストレスが感じられるものだ。彼らのように、大きなプレッシャーを感じる状況下にいながらも、まるでプレッシャーなど感じていないかのように振る舞い成果を出すためには、どのようにコントロールしていけばいいのだろうか。

脳神経科学者のダニエル・レヴィティンは「ストレスで脳がコルチゾールを放出する命令を出すと、体の多くが機能しないことがある」と話している。

よく言われる「緊張で固まった状態」がこれにあたるだろう。特に自信がないときに人前で話すのは脅威ですらあり、少しでも早く終わらせたいと願ってしまう。恐怖心から護身に走り、よけいに声が小さくなり、頭の中も混乱してくる。そして、つっこまれるという危険から身を守ろうとして、小さな兆候でも見逃すまいとピリピリするかもしれない。

「ストレスとは、自分にとって大切なものが脅かされたときに生じるものである」とするのは、ご存知スタンフォード大学ケリー・マクゴナガル教授。そう、大切なプレゼンや商談のときほどストレスは大きくなっていくものだ。ストレスは、ポジティブな感情を押し下げて、ネガティブな感情を高めるといった実験結果も見られるなど、マイナスに感じられるだろう。ところが、このストレスによって「チャレンジ反応」が起きたときには、むしろやる気や自信が出てきて、力を発揮できるというのだ。

この「チャレンジ反応」とはどんなもので、うまく生かすにはどうしたらいいのだろうか。

■「役立つストレス」というマインドセット

同じプレッシャーを受けるときに、ストレス反応によって実力が発揮できるレベルも変わってくるが、「ストレスは役に立つ」と気持ちを切り替えてうまく生かすことで、集中力や判断力を高めることができる。

たとえばスポーツ選手が本番のプレッシャーを感じる場でむしろいい成果をあげたり、音楽家がステージ本番でよりよい演奏をしたりすることがある。これが、ストレスをいい方向に転換したチャレンジ反応だ。ビジネスでは、むしろプレッシャーによって相手に伝えるべき情報と控えるべき情報を瞬時に判断する集中力が生まれ、効果的に伝えられることだってある。

たとえストレス下にあってもチャレンジ反応が起こっている時には、まるで運動をしている時のように血流量が最大となり、大きな力が出せるような体勢が整う。だから、ストレスがかかっていること自体をポジティブにとらえれば、むしろいい方向に働いてくれるわけだ。ところが、「ストレスは害になる」と思い込んでいると、体が物理的な危害を予期して、体中の血管が収縮していく「脅威反応」が起こりやすくなってしまう。

いよいよという場面でストレスやプレッシャーを感じたときは、こんな風に考えてみるといいかもしれない。

「いい具合に緊張している」
「だから、自分の思考は集中しており、まとまった考えで情報を取捨できる」
「つまり最大限の力が出せるはずだ」

そして、心の準備に生かせるのはこんなことだ。

■パニックにならない「事前分析」

「ストレス下で完全に失われるのは、合理的で論理的な思考」だと、前述のレヴィンティン氏。それは本能により、たとえば動物に襲われたときなど恐怖のストレスから逃れて生き延びるためだという。だから制御不能になる前に、自分に起こりうる失敗など、パニックを起こすような場面を考えて対処しておくと安心だ。

まず「誰にも欠点がある」と認識して、自分が起こしうる失敗をあらかじめ考えて、損害を最小限に食い止めるために、「どんな失敗が起こりうるのか“事前に分析しておく”といい」という。

人は誰でも失敗をするものだから、いくつかは想定されるだろう。そこから、失敗をしないようにする対処と、失敗をしたときの対処をあらかじめ考えておくわけだ。

たとえば質疑応答で聞かれるであろうこと、突っ込まれることなどを、いかようにも返事ができるよう、5つほど頭の中で回答の対処ボックスを用意しておくだけだ。プレゼンのときにプロジェクタが動かないなどは、よくある “想定内”として、そんなときは機材を使わずに乗り切れるという心構えだけで余裕が生まれる。

「ストレスは害にもなる」という認識は必ずしも間違いではないが、そこに例外はある。ストレスのいい面と悪い面を認識して「怖がる」「萎縮する」ことを避け、あえていい面を生かすように心がけたい。

「もっとも効果的な方法は、自分の個人的な強みを認識すること」とマクゴナガル氏は著している。

自分がしてきた準備に自信を持ち、過去にうまくいったことを思い返したり、自分を支えてくれる人たちを思ったりするだけで、思考がすばやく転換して「チャレンジ思考」になるという。

これで、スポーツ選手が試合で発揮する集中力のように、ストレスがあるからこそ自分の力を最大限に引き出せるはずだ。

[脚注・参考資料]
「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」ケリー・マクゴニガル(著),神崎朗子(訳)2015, 大和書房
Daniel Levitin’s , How to stay calm when you know you'll be stressed, TED talk, 2015

(上野陽子=文)