14日、韓国メディアによると、韓国・忠清南道保寧市で13日に発生したマグニチュード3.5の地震について、韓国地質資源研究院は「朝鮮半島の地震の環境が変化している証拠」と分析した。写真は朝鮮半島の地図。

写真拡大

2016年11月14日、韓国・毎日経済によると、韓国・忠清南道保寧市で13日に発生したマグニチュード(M)3.5の地震について、韓国地質資源研究院は「朝鮮半島の地震の環境が変化している証拠」と分析した。

同研究院のソン・チャングク地震研究センター長は「保寧市の内陸でM3.5以上の地震が発生するのは異例のことで、9月に発生したM5.8の慶州地震の余震とみるのは難しい」と明らかにした。ソン氏は「以前は地震がなかった場所で地震が発生するということは、閉じていた構造線が地震環境の変化により活動し始めたという意味」とし、「東日本大震災や熊本地震の影響で慶州地震が発生したように、今回の地震も日本の地震と関連がある」と述べた。また、「数日前に済州の内陸で異例の地震が発生したが、これも地震環境が変化した証拠とみられる。朝鮮半島の活断層の把握が不十分なため、現時点で正確な原因を知ることはできない」と明らかにした。

この報道に、韓国のネットユーザーは「明らかに何かが変わった。韓国は地震のない国だったのに…」「韓国も地震安全地帯ではない。日本のように対策を徹底するべき」「国民だけでなく土地も朴大統領の無能さに腹を立てているようだ」「朴大統領が就任してからアンラッキーなことばかり起こる。大地震が発生する前に早く退陣させないと!」「恐ろしい。大地震の前兆ではないかと不安になる」などのコメントを寄せた。(翻訳・編集/堂本)