写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京王バス南は12月10日より、サンリオエンターテイメントの協力のもと、多摩地区と羽田空港を結ぶ空港連絡バスに、サンリオキャラクターがラッピングされた「サンリオピューロランド号」の運行を開始する。

サンリオピューロランド号は移動も楽しいひと時となるよう、外観のラッピングとともに、バス車内にはサンリオキャラクターが描かれたシートや床面、天井、座席番号プレート、料金機のほか、バス停案内放送や降車ブザー音にはハローキティの声が流れる特別仕様となっている。

空港連絡バスは、乗り換えなしの羽田空港直行バスで、1カ月前から予約が可能。運賃は、南大沢発着が1,650円、京王多摩センター・聖蹟桜ヶ丘発着が1,540円で、小人は半額となる。運行本数は、羽田空港行きが14便/1日、羽田空港発が22便/1日で、標準所要時間は約105分〜約150分となる。