上品な甘さが口に広がる岡田農園産ラ・フランスを使用した「山形県 岡田農園産 ラ・フランスのパフェ」(1980円)

写真拡大

資生堂パーラーは、とろりとした食感と上品な香り、深みとコクのある甘さが特徴のラ・フランスを贅沢に使用した「山形県 岡田農園産 ラ・フランスのパフェ」(1980円)を、銀座本店 サロン・ド・カフェで、11月1日から30日(水)まで販売している。

【写真を見る】ラ・フランスを贅沢に使ったパフェが登場!「山形県産 ラ・フランス」(1728円)はラ・フランスをコンポートやソルベ、ソースにも使用

とろけるような上品な甘さ特長の山形県東根市の岡田農園にて収穫されたラ・フランスを使用した「山形県 岡田農園産 ラ・フランスのパフェ」。相性抜群のメープルアイスクリームとアールグレイゼリーを合わせ、絶妙なバランスのキャラメルソースのコクとメープルシュガーの甘味が広がる旬の味わいに仕上げた。さらに別添えのプラリネソースをかけると、大人っぽい秋の深みと香りを感じるパフェに変化する。

また、日本橋高島屋店と横浜高島屋店、横浜そごう店、名古屋店では、山形県上山市の高橋フルーツランドで収穫されたラ・フランスを使った「山形県産 ラ・フランス」(1728円)を販売する。ラ・フランスをそのまま盛りつけた見た目も豪華。さらにラ・フランスを赤ワインのコンポート、ソルベ、ソースにして使い、香りととろける甘さが引き立つようミルクアイスクリームと合わせている。ロイヤルティーヌやチョコクランチの食感も楽しめる。

2種類のパフェに使われている品種の異なるラ・フランスは、どちらも1番良い状態になるまで店舗で熟成されている。ラ・フランスのおいしさをたっぷりと引き出した贅沢なパフェを、ぜひ味わってみて。【東京ウォーカー】