のっぺらぼうの顔を持ち、長身で手足が長く、スーツを着た男性のような姿で、しばしば子どもたちが遊ぶ公園や辺ぴな森の中で見かけられるのが「The Slender Man(スレンダーマン)」です。「子どもたちを誘拐して殺す」と、都市伝説として扱われていたスレンダーマンですが、話が瞬く間に全世界に広がり、「スレンダーマンの手下になるため」と少女2人が同級生をめった刺しにするという事件も起こっています。

The Slender Man | Creepypasta Wiki | Fandom powered by Wikia

http://creepypasta.wikia.com/wiki/The_Slender_Man

これがスレンダーマンの写った写真。画面左側、大きな木の向こうに長身の男の姿が見えます。



ほかにも、子どもたちが手をつないで遊ぶ中にひっそり佇んでいたり……



森の中に立っていたり。



スレンダーマンの真の目的は不明。ですが、1983年に亡くなった写真家はスレンダーマンが写った写真とともに「我々は行きたくなかったし、彼らを殺させたくなかった。しかし、長らく続く沈黙と彼の長い腕は私たちを恐怖させると同時に、安心させたのだ……」という言葉を残していることなどから、一般的には「子どもを誘拐して殺す」と伝えられています。また、別の写真には「火事後のスターリング市立図書館から修復された写真。14人の子どもが『スレンダーマン』と呼ばれるものと共に姿を消した、有名な事件の写真です」と記されているとのこと。

スレンダーマンの姿は紀元前9000年に既に確認されており、ブラジルの洞窟壁画にもスレンダーマンが描かれています。このほか、16世紀半ばの有名なドイツの版画職人であるHans Freckenbergが、スレンダーマンと思しきものの姿を描いており、歴史家たちはこのキャラクターが何を表しているのかを不明としていました。



……と、数々の伝説があるスレンダーマンですが、実は出典がどこかは明らかになっています。2009年6月8日にアメリカのネタ掲示板「Something Awful」で「Photoshopで超常的な画像を創り出そう」というスレッドにビクター・サージという利用者が、子どもたちが遊んでいる画像に手足の長い長身痩躯の人物を加えたモノクロ画像を投稿したのが始まり。写真に添えられていた「我々は行きたくなかったし、彼らを殺させたくなかった。しかし、長らく続く沈黙と彼の長い腕は私たちを恐怖させると同時に、安心させたのだ……」という言葉もサージ氏が後から加えたもので、「スレンダーマン」という名前もこのとき付けられたものです。

そして、スレンダーマンはスレッドに書き込まれてからわずか5カ月で、超常現象や陰謀論を扱うラジオ・トーク番組に視聴者から質問が寄せられるほど有名になりました。

「スレンダーマン」というフィクションは広まりを見せると、話の作り手によってさまざまな容貌や能力が付されていきます。最初に投稿された写真からはハッキリ見えにくかったのですが、ドクター・オクトパスのようないくつもの触手を背中から生やした、以下のようなファンアートも作られました。スレンダーマンの目的を「子どもの殺戮」としているものもあれば、「子どもを吸収するため遺体が残らないのだ」としているものもあるようです。



ブレア・ウィッチ・プロジェクトのような雰囲気のスレンダーマンを扱ったムービーもYouTubeにアップされています。

Slenderman In Real Life - YouTube

スレンダーマンはインターネット・ミームの1つであり、フィクションであるという事実は揺るぎなく存在しています。にも関わらず、伝統的な民話とインターネット上のオープンソースの性質があわさることで、現実とフィクションとの境界線があいまいになり、スレンダーマンを「真実」だと思う人も出てきています。2014年には12歳の少女2人が同級生を拘束し、刃物で19回も刺すという殺人未遂事件が発生。当局から質問を受けた際に、少女たちはインターネットで読んだスレンダーマンの手下になるために殺人を犯そうとしたのだと述べたとのことです。

殺人未遂を犯した少女たちについては、HBOがドキュメンタリーを近日公開予定で、予告編を以下から見ることができます。

Beware the Slenderman (HBO Documentary Films) - YouTube

画像に写っている2人が、当時ニュースで放映された、殺人未遂を犯した少女たち。



少女が「アニサが『私たちの家族が殺される。やらないと』と言ったの」と取り調べで語り、「彼って誰?」と聞かれると、「顔がなくて、皮膚が白くて、身長が1.8〜4.2mで……」とスレンダーマンの特徴を答える部分も映されています。



なお、民話の多くは特定の人が著作権を持たないものですが、スレンダーマンはパブリックドメインにあらず。スレッドの投稿者であるサージ氏が2010年にスレンダーマンを著作権登録しています。