14日、環球時報は、日本の警察、海上保安庁、自衛隊が共同で「グレーゾーン」に対処する訓練を行ったことについて、「また中国を標的にした!」と報じている。資料写真。

写真拡大

2016年11月14日、環球時報は、日本の警察、海上保安庁、自衛隊が共同で「グレーゾーン」に対処する訓練を行ったことについて、「また中国を標的にした!」と報じている。

日本メディアによると、武器を持った漁民が島に不法上陸したという想定でこの3機関が初めて共同訓練を行った。警察や海上保安庁だけでは対応できない、いわゆる「グレーゾーン」への対応を確認したという。

関係者は「訓練は特定の国や場所を想定したものではない」としているが、日本メディアは海洋進出を進める中国を念頭に置いたものと分析。環球時報も「またしても中国を標的に!日本の3部門が武装漁民上陸の対応訓練」というタイトルで伝えている。(翻訳・編集/北田)