写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECソリューションイノベータは11月14日、事業継続計画(BCP)の初動対応をサポートする「緊急連絡・安否確認システム」の最新版を提供開始すると発表した。

最新版では、アプリケーションプログラミングインタフェース(API)の提供により、人事システムなどと連携し、人手による従業員情報の登録ミスを防ぐとともに、人事異動や組織改正時にかかるデータ更新作業の負荷を軽減。

また、勤務地や居住地など、1人の従業員に対し地域情報を3カ所まで登録できるようにしたことで、出張先の情報もシステムで管理し、出張先で災害が発生した従業員にも安否登録を促す通知を発信できるようになった。

さらに、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイス向けの安否登録専用アプリを提供し、携帯電話の電子メールを利用しない従業員も含めた対応が可能になった。

価格は100IDの月額12,000円(税別)〜。

(丸山篤)