中国瀋陽の北朝鮮レストラン「平壌館」(画像:Prince Roy)

写真拡大

北朝鮮の中国に対する投資額が昨年はわずか7万ドル(約751万円)だった――こんな分析を、韓国貿易協会の北京支部が示した。聯合ニュースが伝えた。

北朝鮮の対中投資はピークの2010年でも1122万ドル(約12億円)にとどまるが、それでも北朝鮮レストランなどへの投資を続けてきた。

しかし、韓国人観光客らのレストラン利用が減り、投資のメリットが薄れた模様だという。