EXO チャンヨル&チェ・テジュン&イ・ソンビンら、新ドラマ「ミッシングナイン」に出演確定

写真拡大

俳優チェ・テジュンとイ・ソンビン、そしてEXOのチャンヨルが「ミッシングナイン」に出演する。これで最強のキャスティングラインナップが完成した。

14日、MBC新水木ドラマ「ミッシングナイン」(脚本:ソン・ファンウォン、演出:チェ・ビョンギル) 側は「イ・ソンビン、チェ・テジュン、チャンヨル、リュ・ウォンなどの合流が確定した」と明かした。

「ミッシングナイン」は、飛行機墜落事故と失踪した人々のミステリーを解決していくストーリーで、その中に隠された真実と、事故に対処する過程の様々な人間模様の本能を描く予定だ。

特に、事件の隠されたミステリーを暴いていく過程の中で繰り広げられる予測不可能な展開は、これまで見ることの出来なかったドラマの誕生を予感させており、イ・ソンビン、チェ・テジュン、チャンヨル、リュ・ウォンなどが繰り広げる活躍に注目が集まっている状況だ。劇中イ・ソンビン、チェ・テジュン、チャンヨル、リュ・ウォンは、ソ・ジュノ(チョン・ギョンホ) が所属している“レジェンドエンターテインメント”所属で、様々な利害関係で絡む人物たちである。

まず、イ・ソンビンはトップクラスの女優ハ・ジア役を演じ、お茶の間にやってくる。イ・ソンビンは2014年のデビュー以来、ドラマとバラエティで縦横無尽に活躍し、人気スターとなっている。無人島への墜落を描いた今回の作品で、どのような魅力を見せ、視聴者を魅了するか好奇心が高まっている。

ハンサムなルックスと格別な演技力を持つチェ・テジュンは、チョン・ギョンホと同じグループで活動したものの、解散後俳優に転向したチェ・テホ役を熱演する。チェ・テジュンはチョン・ギョンホと対立し、事故で失踪した人々の間で生存をめぐり、葛藤を高める役で活躍する予定だ。

EXO チャンヨルもチョン・ギョンホと同じグループで活動したメンバーで、作曲能力を高め、ソロで成功したイ・ヨル役に変身する。誰もが警戒するメンバーチョン・ギョンホに好意的な唯一のメンバーで、ドラマでどんな役割を果たすか、期待が高まる。

最後に、注目を集めている新人リュ・ウォンは“レジェンドエンターテインメント”の看板ユン・ソヒ役でストーリーに力を加える。ドラマ「むやみに切なく」で視聴者に強烈な印象を残したリュ・ウォンは、無人島という閉鎖された環境から来る不安と怖さを表現し、ドラマをより豊かにするだろうと伝えられた。

「ミッシングナイン」は「アングリーママ」「愛するのは自分のため」などを演出したチェ・ビョンギル監督が演出を手がけ、「元カレは天才詐欺師〜38師機動隊〜」「バッドガイズ-悪い奴ら-」などを執筆したハン・ジョンフン脚本家がクリエーターとして、「ラストダンスは私と一緒に」を共同執筆したソン・ファンウォン脚本家が意気投合した。韓国で2017年1月に放送される予定だ。