クリントン支援に奔走したセレブたちと、沈黙を貫いた世界一の歌姫

写真拡大

米大統領選でヒラリー・クリントン側についたビヨンセやレブロン・ジェームズをはじめとするセレブリティ軍団は、数とスターパワーの双方でドナルド・トランプ陣営に勝っていたものの、トランプの快進撃を阻むことはできなかった。

リアリティー番組「アプレンティス」への出演で自らも華々しいセレブリティとなった不動産王のトランプを正式に支持した著名人は少なく、フォーブスがまとめた今年の「世界で最も稼ぐセレブリティ100人」には一人も含まれていなかった。だがそれでもトランプは、激戦州の多くを制し、過半数の選挙人を獲得した。

トランプ支持派には、俳優のジョン・ヴォイドや、バスケットボール選手のデニス・ロッドマンといった面々がいるが、いずれも収入と人気の面でクリントン派に劣っている。

全米の得票数で勝利したクリントンは、エンターテインメント界を代表するスターの支持と資金力の後ろ盾を得ていた。今年の「最も稼ぐセレブリティ100人」のうち、クリントンに対する支持を公表した人の数は、少なくとも20人に上る。

ケイティ・ペリーは多数の支援イベントに登場。レブロン・ジェームズは地元紙への寄稿でクリントン支持を表明した。ツイッターで4,890万人のフォロワーを持つキム・カーダシアンは、クリントンを支持する理由を綴ったエッセイを公式サイトに掲載した。

セレブリティたちの支持は、大統領選にどれほどの効果をもたらすのだろうか。2008年の大統領選でノースウェスタン大学とメリーランド大学が実施した調査によると、バラク・オバマはオプラ・ウィンフリーの支持を得たことで100万人以上の票を獲得したという。

オプラは今年の選挙を「女性に多大な影響を及ぼす」ものだと呼んでクリントン支持を表明したが、クリントン陣営はこうしたセレブリティパワーをフル活用しても重要州を制することはできなかった。激戦州オハイオでは選挙の数日前にビヨンセとジェイ・Zがパフォーマンスを披露しクリントン支持を訴えたが、同州は結局トランプの手に渡った。

そんな中、沈黙を貫いて注目を集めたスターもいた。今年世界で最も稼ぐセレブリティとなったテイラー・スウィフトだ。昨年の「1989」ワールドツアーでは仲間の若い女性アーティストらを集結させ、フェミニズムを前面に押し出した彼女だが、選挙期間に特定の候補者への支持を表明することはなかった。この沈黙は人々の目に留まり、投票日当日にグーグルで行われたセレブ関連検索のランキングでは「テイラー・スウィフトは誰に投票?」がトップとなったという。

トランプは選挙戦で、複数の女性に性的暴行をはたらいた疑いや、女性へのわいせつ行為を自慢する発言を捉えた映像が浮上した他、人工妊娠中絶の規制を違憲とした最高裁判決を覆すと宣言。だがそれでもスウィフトは、ツイッターの8,200万人のフォロワーに投票を呼び掛ける投稿こそはしたものの、どの候補に対する支持も公言しなかった(一部ユーザーは、投稿につけられた写真でスウィフトが着ていたセーターに着目し、これと似た服を過去に着ていたクリントンへのオマージュではないかと指摘しているが)。

スウィフトは元々、共和党支持者のファンが多いカントリージャンルでデビューしており、クリントン支持を表明すればそうしたファンの反感を買う恐れもあった。フォーブスは選挙前、代理人への電子メール取材で、スウィフトの投票候補について質問したものの、結局返事は得られなかった。

一方で、セレブたちの支持表明は「ミレニアル世代」と呼ばれる若年層の投票行動に影響を与えた可能性がある。米バージニア大政治センターのラリー・サバト所長がFOX411に語ったところによると、現在のハリウッドやエンタメ業界でクリントンやトランプの得票に大きく貢献できる人物はいないが、「ミレニアル世代は投票率が低いため、一部のセレブはこの層に投票を促すことができるかもしれない」という。

今年の選挙では、18〜29歳の55%がクリントンに投票した一方、トランプに投票した割合はわずか37%だった。2012年の選挙では60%がオバマに投票しており、同年齢層の民主党支持者の割合は今年、若干減少した。ミレニアル世代の票のみを数えたとしたら、クリントンの選挙人獲得数は473人、トランプは32人と、クリントンの圧勝となっていただろう。

だがふたを開けてみれば、最も偉大なセレブパワーを手にしていたのは、クリントンではなくトランプ陣営だった。そのセレブとは、ほかならぬドナルド・トランプその人だったのだ。